嬉しいのやら恥ずかしいのやらでした。  ...