リタイア先生もの申す!

アウトローな教師人生話・ニュースやドラマ・楽しいリタイアライフを楽しくお届け!

カテゴリ: おもしろアニメ・動画

昔ある所に一人の馬方が住んでいた。ある日遠くまで仕事に行って帰りが遅くなり、次の日に履くため用のわらじを作っていたのだが、とても眠かったので片方(片ひた)だけ作って寝てしまった。次の日、片方だけのわらじを置いて仕事に出掛け、その帰り道。峠を歩いていると後 ...

昔、山梨の八坂(はっさか)という所に、八左衛門というとても力持ちで大飯食らいの男がいた。そんな八左衛門であったが、気持ちはいたってやさしく、力仕事があればいつも快く引き受けていたので、村の者からたいそう慕われていた。そんな八左衛門の評判を聞いた名主(なぬ ...

昔から東北地方には、座敷わらしという子どもの姿をした神様のお話が伝わっている。座敷わらしは、古い大きな家の奥座敷に住んでおり、トタトタと駆け回る音をさせたりザワザワと箒で掃くような音をさせたりすると言う。また、お客さんが家に泊まった時など、枕返しという悪 ...

昔、ある山奥に婆様が一人で住んでいた。ある夜のこと、婆様が糸を紡いでいると、いつの間にやら16~7歳の娘が三人目の前に座っていた森の奥はまっぐらげ~、オラたちゃあばの家がええ~」不思議な娘たちの歌に聞き入っていた婆様はボーっとしてきて、いつの間にか朝になって ...

今からおよそ四百年ほど前のこと、栃木県の氏家(うじいえ)に小さな地蔵寺があり気の優しい住職が一人で守っていました。ある日、この領内のお殿様(勝山城の左衛門尉、さえもんのじょう)から自分の代わりに日光の二荒山神社へお参りに行くよう、頼まれました。住職は喜ん ...

昔、福島県の仁王寺に、別当尊貞法印(べっとうそんじょうほういん)という、お坊さんがいましたこのお坊さんはやることなすこと失敗ばかりで、いつも村人たちを笑わせていました。例えば、善意の申し出を断りきれずに、逆方向に行く帰り馬の背に乗せられたり 夜道を歩いてい ...

ある村に、田植えが終わり一段落ついた嫁と婆さん(姑)がいました。夫は隣村まで田植えの手伝いに出かけ、終日留守ということで、二人は久しぶりにぼた餅を作る事にしました。昔のお百姓さんにとってぼた餅(おはぎ)は、めったに食べられないくらい貴重なものでした。二人 ...

昔々のことじゃ。ある所にごんざという働き者の炭焼きがいた。ごんざは人一倍の仕事をするが、毎晩、近くの町まで行って1升酒を飲まないと気がすまなかった。帰り道は川を渡って帰るのだが、酔いのせいでその橋は3本に見えた。毎晩の暴飲を心配したごんざの女房が、お酒の ...

男が山で女に出会う、その女は悲しそうで何か分けありのようだ。男は女を家へ連れて帰って夫婦になる。 二人の間に子供ができたのだが女は外に小屋を作ってもらい、そこに移り住みお産が終わるまで決して覗かないでくれと言う。男は承諾したのだが、小屋から赤ん坊の声が聞こ ...

昔、福井の三方(みかた)に藤兵衛という貧乏な百姓一家が住んでいた子宝だけには恵まれ、働いても働いても暮らしは一向に楽にならずとうとう夜逃げすることになった明日は夜逃げという前の晩、藤兵衛は、納屋でせっせと草鞋(わらじ)を編んでいる貧乏神を見つけた夜逃げす ...

そういえば、イクラちゃんてしゃべりませんよね~あの子、いったい何歳なんでしょう「バブ」しか言わないような気がしていますが・・・サザエさんに登場する主要人物の中で最年少をほこるイクラちゃん3歳のタラちゃんよりもさらに年下で設定では1歳半~2歳のようだ自分で歩け ...

昔ある所に、大変に仲の悪い嫁と姑(しゅうとめ)がいました姑は事あるごとに嫁をいびってばかりで嫁はというと姑の言う事を素直に聞く事はありませんでしたそんなある時、姑がちょっとした風邪がもとで寝込んでしまいました嫁はこれ幸いにと、かかりつけの医者に毒を盛って ...

昔ある所に、兄弟の漁師が年老いた母親と3人で暮らしていたある二十三夜の朝、兄弟は漁に出掛け魚を捕っていたがに空が曇り海は荒れ、兄弟の舟は沖へと流されてしまった兄弟は小さな島に流れ着き、舟から降りて人家は無いかと島を歩いた2人がしばらく歩くと丘の上に灯が見 ...

昔あるところ(今の東京都板橋区)に父親と息子が暮らしておった息子のとめ吉は毎日わらじを作って街へ売りに行き、父親は毎日畑仕事をしておった貧乏な暮らしではあったが、とめ吉がとても良い息子であったため父親の顔はいつも晴れ晴れとしていた父親はこのような山深いと ...

連休だけど、どこへ行っても混んでるし・・・家でのんびりしたい人もけっこういるのではないでしょうか!?おもしろい動画を見つけたので、ちょっと覗いてみてくださいな どうでしたか?少しは笑えました?ハードルの男性、転んでもひっかけても・・・感心しちゃった!    ...

昔ある村に、心やさしい伊助が年老いた母親と住んでいた伊助には自分勝手で意地悪く欲深な女房がいて、いつも母親に意地悪をしていたある日のこと、伊助がいつものように釣りに出かけて帰ってくると土間に置かれた小さな箱の前に嫁が立っていたその箱には母親が入っていて、 ...

昔、ある村に貧乏な男の子と病気の母親がいた親孝行なこの男の子は、逆立ちするのが得意で、いつも逆立ちして歩いていた明日は正月なのに、男の子の家には一粒の米も無かったそれで、いつものように親戚のおじさんの家にお金を借りに行ったがけちんぼな権三(ごんぞう)おじ ...

昔、ある村に貧乏な男の子と病気の母親がいた親孝行なこの男の子は、逆立ちするのが得意で、いつも逆立ちして歩いていた明日は正月なのに、男の子の家には一粒の米も無かったそれで、いつものように親戚のおじさんの家にお金を借りに行ったがけちんぼな権三(ごんぞう)おじ ...

だらしない嫁を飼い猫がやっつけようとした話(未遂)昔、秋田の鹿渡(かど)という所にジュンショ?という家があったここの嫁は良く働くがだらしがなく、家の事や子供の面倒を見るのは好きではなかったある日、家の上がり口に脱ぎ捨てていた着物の裾がぬれていた嫁は、子供 ...

独居老人が生きる希望を見つけた話昔、ある山里に、妻も子供にも先立たれた一人暮らしの貧乏な爺さんがいました爺さんは毎日二人のお墓にお参りすることだけが楽しみでしたやがて冬になり、村はすっぽりと深い雪に埋もれ爺さんもじっと家の中に閉じこもっていました節分の日 ...

夫婦とはどういうものか、やっぱり愛が必要って事むかしむかし、大むかし。神様が人間や生き物をお造りになったばかりの頃のお話じゃ夫婦は最初、背中合わせにくっついて生まれたんじゃそうな夫婦は、働く時も飯を食う時も、夜寝る時もいつも一緒で、とても幸せに暮らしてお ...

昔、江戸の小石川の喜運寺の近くに豆腐屋があったこの豆腐屋は大変繁盛しておったがある時豆腐屋のだんなはもっと金もうけをしようと考えるようになったおっかあ(妻)には内緒で悪い豆を使ったり豆腐を少し小さめに切って売るようになったそれでも客はそれに気づかず、店は ...

昔、ひとりの旅人が洪水に巻き込まれ溺れかけていた旅人は流木に何とか掴まり流されていったが、蛇が溺れているのを見て助け次に狐が溺れていたので助けたすると今度は人間の男が溺れていたが蛇と狐は「人間なんか助けたってろくなことがない」と言ったが旅人はその言葉に耳 ...

『ルパン三世』の新シリーズが、2018年4月より放送することが決定した最新テクノロジーを駆使したルパンが『ルパン三世 PART5』としてテレビアニメで帰ってくる『ルパン三世』はモンキー・パンチ原作のコミックで、1967年に連載がスタート昨年、原作誕生50周年を迎えた1971 ...

昔ある山奥に、六十歳以上のお年寄りは親であっても山へ捨てなければならないというお触れ(ルール)がある所がありましたこの村に一人の息子と年老いた母親のすむ家がありましたとうとう母親が60歳になり、泣く泣く息子が母親を背負って年寄りを捨てる山(うばすて山)へ登 ...

水分補給の目安は1日1.5ℓ。500mlのペットボトルを3本分と考えるとけっこう多い気がしますが朝起きた時に250㏄、毎食時に250㏄、夕方に一度250㏄就寝前に250㏄といった感じで分けながら水分摂取をするようにすると無理なく続けられそうですね。私も水分が苦手ですが、妹に炭 ...

昔、飛騨の国は乗鞍山の西、山ひだの中に沢上(そうれ)という谷があってそこには長吉(ちょうきち)という大変信心深く、正直な炭焼きが住んでいたある夜のこと、長吉が炭焼き窯の前でウトウトしていると、長吉の夢に白髪の老人が現れ「高山のみそ買い橋の上に立つがよいき ...

昔、阿蘇山のふもとのひのき村というところに大吉という体は大きいがぼーっとしていて頭の足りない若者がおったある日、大吉が山で仕事をしている男たちに弁当を届けようと、山道をあるいていたところが大吉は途中で腹が減ってしまい、途中で弁当を全部食べてしまった腹が減 ...

昔、江戸の小石川の喜運寺の近くに豆腐屋があったこの豆腐屋は大変繁盛しておったがある時豆腐屋のだんなはもっと金もうけをしようと考えるようになったおっかあ(妻)には内緒で悪い豆を使ったり、豆腐を少し小さめに切って売るようになったそれでも客はそれに気づかず、店 ...

そう言われると「鬼」は今まで家にいたことないよね~節分の日だけ、急に家にいるってどういうこと?まあ、鬼さんにしてみれば、節分の日にみんなから豆を投げられて嫌な役ですね~■初春開運祈願クーポンで1,212円★2017年最も売れたみかん独占販売■スーパ...価格:1320円 ...

どこまでもどこまでも阿呆巻き!いやいや、なかなか言えてます!明日ですよ~バレンタイン チョコレート 2018年 ゴディバ IWC ミニハート缶 5粒入価格:1080円(税込、送料別) (2018/1/15時点)バレンタイン チョコレート 2018年 ゴディバ ジュエリー ハートボックス 11粒入 ...

むかし、まだ八橋が野路の宿(のじのしゅく)と呼ばれていた頃の話ここに一人の心根がやさしく、敬虔な女の子がいた女の子はよく尼僧院へ行って遊び、尼さんたちからも大変可愛がられていたやがて女の子は成長し、縁あってこの地に住む医者のもとに嫁ぐことになった夫婦は二 ...

昔ある村にじんたという身体はでかいがのろまの少年がいたじんたは近所の子供達といつも八幡様の境内で遊んでいたがある時この八幡様にひとつ目の化け物が出ると噂が立ち村人は子供達を外に出さなくなったところがある日じんたは家のばあさまににぎりめしと釜と木鎚を貸して ...

毎日のように事件の報道がありますね日本も親子殺しや、青少年の殺人、詐欺など・・・年々増加しているように思います早く解決し、昔の日本を取り戻したいものです!防犯カメラ★ポイント15倍1/6 19:59迄★最新モデル新発売★クラウド録画対...価格:15066円(税込、送料無料 ...

盗んだ墓の柱を使って念願のマイホームを建てた男の話昔、ある村に桶屋の万吉という男が住んでいました万吉は物心ついた頃から自分の力で立派な家を建るという夢がありせっせと働いてお金を貯めていました幼い頃に聞いた「二十年間がんばれば自分の家が建つ」という話を信じ ...

昔、薩摩の桜島の近く日当山(ひなたやま)という所に徳田太兵衛という地頭がおりました頭の働きがとても良く、機知と頓知に長けていて時には殿様をもやり込めたりするもので周りの人から「ひなたやまどん」と呼ばれ、たいそう慕われておりましたたとえば、茶の実などどこに ...

昔、備中の吉川という村で、立派な八幡さまを建てようとその頃有名だった「飛騨の匠」に建設を依頼しましたやがて飛騨の匠が弟子を一人だけ連れて、吉川の村にやってきました村人たちは「弟子一人でお宮が建つのだろうか?」と心配しましたがそんな心配をよそに飛騨の匠は小 ...

↑このページのトップヘ