リタイア先生もの申す!

アウトローな教師人生話・ニュースやドラマ・楽しいリタイアライフを楽しくお届け!

カテゴリ: おもしろアニメ・動画

昔ある村に、少し頭が足りない与之助(よのすけ)という男と、その嫁がいたこの嫁さんは村一番の美人で実家は金持ちだったがおおらかで働き者の与之助の人柄に惚れてしまい、押しかけ女房になっていたある春の日、子供が産まれた事を報告するため、与之助が初めて嫁の実家に ...

昔、ある所にお爺さんとお婆さんが住んでいましたその隣にもやっぱり爺さんと婆さんが住んでいていつも隣のお爺さん達の真似ばかりしていましたある日、お婆さんが山道を歩いていると「とーつかかぁ、ひーつかかぁ」と大きな声がしました怖がるお婆さんに、お爺さんは「だっ ...

昔、信濃の有明山(ありあけやま)の麓に、夫婦仲のよい爺さんと婆さんがいた二人は、これまで何不自由もなく平和に暮らしてきたが、子供がいないことが心残りだったそれで二人は、仰ぎ見る有明山に「出来ることなら、子供を授けて下さい。」とお願いをしていたそんなある晩 ...

昔あるところに、貧しいが仲の良い夫婦が住んでいました旦那は山で木を切り、女房は家で機を織って暮らしていましたある晩、旅のお坊さんがやってきて一晩泊まっていきました旅のお坊さんは二人に感謝し、翌朝「あなたたちには福相が現れているそのうちいい事がありますよ。 ...

むかしむかし、ある山奥に長い長い階段のあるお寺があったこの寺にはチン念とボク念という二人の小僧がおったが寺の和尚さんはとってもけちんぼと言われておって旨い食べ物を小僧達に分けてやることは決してなかったそうなある夜のこと、チン念とボク念が和尚さんの部屋を覗 ...

マンションは購入かな~それとも賃貸の方がいいかな~              指輪【K24指輪】可憐なコスモス純金リング送料無料 24K 純金 24金 イエロ...価格:183600円(税込、送料無料) (2017/11/11時点)【2016楽天ジュエリー大賞受賞】K10WG/YG/PG 0.2ct ダイヤ エ. ...

最近「ドクターx」をよく見ていますみなさんは見たことありますか?あんな完璧な先生いたらいいのに・・・「私、絶対に失敗しないので!」米倉涼子の演技もなかなかですが・・・好き嫌いは別として!【特別送料無料!】509,860枚完売!【メール便可23】S/M/L/LL カジ...価格 ...

あなたは「カラオケ」は好きですか?私はちょっと遠慮・・・かな【ドライブレコーダー】HDR-102 COMTEC(コムテック)安心の日本製 ノ...価格:12800円(税込、送料無料) (2017/10/15時点)ニンテンドースイッチ Nintendo Switch Joy-Con (L) /...価格:42444円(税込、送料 ...

昔々、ある村里へと続く道を、ちゅう次郎という名の仲人好きの一匹のねずみが歩いていましたちゅう次郎は、ある百姓屋に住むねずみの家をたずねるところだったのですねずみの家は、納屋の脇の地面に空いた穴の中でしたちゅう次郎にとって99番目の仲人役となるお見合い話をそ ...

山奥に病気で寝たきりの父親と、幼い息子が二人で住んでいた息子は毎日山で薪を拾っては、町へ売りに行ったり谷で魚を捕ったりして暮らしていたある日、息子が薪拾いに夢中になってしまい、山の中で野宿し一夜明けるとどこからか甘い良い香りがしてくる匂いの元を探して歩い ...

昔、福岡県遠賀郡に八釼神社という人々に親しまれた神社があったが長い年月の間にお社はあちこち傷んできた村人たちは神社を訪れ、草鞋を作って売ったお金を貯めて修理する計画を鎮守様に伝えたある日のこと春なのに珍しく長雨が三日間降り畑仕事が出来ない村人たちは家の中 ...

昔、今の岡山県と鳥取県の県境にあたる所に大きな峠があったその峠には化け物が出るとの噂がありある侍のお供として鳥取方面に向かう家来たちは怖がって、引き返そうと言うしかし侍は物怖じせず先へ進むふと見ると前には旅の商人が歩いており、侍は家来たちを安心させるとこ ...

昔、鳥取のある町に藤助というかわらけを売る若者がおったある日のこと、細い路地から大変美しい娘が現れた藤助はかわらけを売ることも忘れて、娘の後を追いかけた娘はずんずん進んでいき、大きな屋敷の中に入って行った藤助は娘が出てくるのを屋敷の前で待ったとうとう夜に ...

昔、岡山県都窪郡庄村に、冬でも汗をかく不思議なお地蔵さまがいたある年、備中一帯はひどい日照りに見舞われ田畑もすっかり干上がってしまい、食べるものも困るありさまだったそんな時、信心深いお婆さんが汗かき地蔵さまの声を聞いた「わしの体を2ヵ所削って、井戸とため ...

昔、備中の吉川という村で、立派な八幡さまを建てようとその頃有名だった「飛騨の匠」に建設を依頼しましたやがて飛騨の匠が弟子を一人だけ連れて、吉川の村にやってきました村人たちは「弟子一人でお宮が建つのだろうか?」と心配しましたがそんな心配をよそに飛騨の匠は小 ...

体を縛り付けても心までは縛れない、という話=岩手県昔ある村に、働くだけが全てのくそ真面目な若者がいました死んだ父親が大酒のみの怠け者だったので、れが理由で息子は堅物になったのだろうと、村人たちは噂していました明日から田起こし(田んぼを耕す作業)が始まると ...

ちなみに「原点回帰」とは物事の出発点に帰ること。基本に戻ることちょっと気持ち悪いですけど・・・お食事の後にどうぞ!              指輪【K24指輪】可憐なコスモス純金リング送料無料 24K 純金 24金 イエロ...価格:183600円(税込、送料無料) (2017/11/1 ...

むかし、越後の国の与板(よいた)に、早くに両親を亡くした貧しい若者がおった若者はぶっきらぼうで人付き合いが悪かったが働き者で、年寄りにはたいそう優しく親切じゃった二十四節季のある一日この辺りでは人喰いの『弥三郎婆』が出ると言われ村人達は仕事を休むのが習わ ...

「いっしゅうされし、ぜんちぜんのう」全知全能とは「知らないことは一つもなく、できないことは何もないという こと。すべてのことを知り尽くし、行える完全無欠の能力のこと」なるほどなるほど…そういうことでしたか!【送料無料】バッグ メンズ スクエアリュック 通学/通 ...

昔ある村に、グズという兄とダブという弟が、両親と一緒に暮らしていました。今日はお坊さんがやってくるという日、忙しくしていた母親が、グズとダブにお手伝いを言いつけました。さっそく兄のグズは、かまどでご飯を炊き始めました。やがてグツグズとお釜が煮えたぎってく ...

「まいこ」と「あいこ」シリーズで~すこんな正反対のような友達っていますよねだから合うのかな~?【送料無料】バッグ メンズ スクエアリュック 通学/通勤対応 ノートPC・タブレ...価格:4880円(税込、送料無料) (2017/11/11時点)【送料無料&エントリーでp3倍】トートバ ...

久しぶりのABTVネットワークです!笑ってくださ~い加湿器 ハイブリッド ハイブリッド加湿器 送料無料 大容量 卓上 オフィス アロ...価格:9980円(税込、送料無料) (2017/11/14時点)加湿器 送料無料 アロマ 卓上 オフィス おしゃれ 超音波加湿器 アロマ加湿器 ...価格:349 ...

福岡県のお話筑後川の川口あたりは、流れはゆるいが川幅が広いため、橋を架ける事ができませんでした。だから若津から向こう岸の諸富(もろどみ)までは、渡し船が行き交っていました。 夏の始めの頃、この筑後川に若者が小さな船を浮かべて、一向に引く様子の無い釣り糸を垂 ...

ある山村に貧しい婆に育てられた美しい娘「かえ」がいました。19歳の時、婆に先立たれとうとう一人になってしまいましたが、かえを以前から恋しく思っていた作三という青年が、これを機会に嫁になってくれぬかと、毎日かえを口説きました。かえはお高くとまっているわけでは ...

さて今回は、「だまし絵」です!あなたはこの謎が解けるでしょうか?それにしてもよく考えたものですね~私にはチンプンカンプンでまったくわかりませ~ん分からない方のために解説がありますよ【2枚以上で送料無料】毛布の要らない 掛け布団カバー【掛けカバー/シングル】あ ...

長野県のお話ある所に庄屋の息子、刀屋の息子、寺の小坊主がいて、この三人は暇を見付けて集まっては 悪さばかりしていた。ある日寺に三人はまって何か面白いことがないかと相談していると、小坊主が村の者を集めて「百物語」をやろうと提案した。百物語とは深夜百本のろうそ ...

愛媛県吉田町の西、犬尾山(いぬおさん)の中腹にある石神さまは、魔よけの神様として親しまれており、それにはこんな謂れがある。ある時、吉田の町に奇妙な噂が立った。それは、廃寺になった川平(かわびら)の山寺に、夜になるとたいそう美しい娘が現れ、その姿を見た者は ...

むかしむかし、北国では雪がまだ本当に白い色ではなかった頃の話です。ある冬の事、北国の庄屋の家に遠い村から小さな娘っ子が奉公にやってきました。娘っ子は良く働きました。仕事は辛かったが、ご飯はちゃんと食べられるし、故郷の村にいる時よりずうっと楽だと思えるので ...

山口県のお話一日中寝ていて、村人から怠け者と嫌われ、寝太郎と呼ばれている男がいた。さすがに十日にいっぺんは起きて、山の上から小便をするものの、それ以外はもう三年も寝続けていた。ある年に、村が日照りで田んぼに水がなくなってしまった。村人たちはこれはこの村に ...

昔から東北地方には、座敷わらしという子どもの姿をした神様のお話が伝わっている。座敷わらしは、古い大きな家の奥座敷に住んでおり、トタトタと駆け回る音をさせたり、ザワザワと箒で掃くような音をさせたりすると言う。また、お客さんが家に泊まった時など、枕返しという ...

山梨県のお話昔、ある所に倹約家の老夫婦がいた。この夫婦の所にはしょっちゅう魚屋がやってきては、魚を売りつけようとしていたが夫婦は一度も買ったことがなかった。ある日、魚屋は夫婦がなぜ魚を買わないのか探ってみることにした。 障子に穴を空けて家の中を覗いてみると ...

昔、狩人が雪山で遭難し、谷底の岩の割れ目に猟犬と一緒に避難した。すると不思議な事に、割れ目の奥には立派な屋敷が建っていて、一人の気味の悪い老婆が住んでいた。老婆は、「お主の連れている猟犬とわしの犬と、噛み比べをしないか?」と話を持ちかけ、子牛ほどの大きな ...

むかしある村に、年老いた母親と息子が住んでいました。ある日、隣村から働き者で親孝行な良い嫁を迎えました。やがて10日も経つと、嫁の様子がおかしくなりました。母親が心配して嫁に理由を尋ねると、嫁は「屁がしたいが我慢している」と言うのです。母親が「屁ぐらい遠慮 ...

長野県のお話昔、五料(ごりょう)という村の原っぱにお地蔵さんがいて、村の子供たちはお地蔵さんの周りでいつも楽しく遊んでいました。ある日、たまたま通りかかった馬子が、馬の背に乗せた荷物のバランスをとるため、お地蔵さんを乗せてそのまま立ち去って行きました。大 ...

山梨県のお話です昔、山梨は甲府盆地の村々に、鎌倉の建長寺(けんちょうじ)の和尚さまがおいでになるという噂がたった。和尚さまは、ここ山城村(やましろむら)に逗留することになり、和尚さまがおいでになる前日、村人たちは名主の家に呼ばれた。名主が言うには、和尚さ ...

山形県のお話荒れた山寺に泊まったお坊さんが、夜、囲炉裏の前でくつろいでいると、村からきたという、母子連れが暖を取らせてくれという。母が坊さんと取り留めの無い話をしているのだが、なぜか子供が坊さんの背中や肩にじゃれてなかなか離れない。でもしばらくすると母子 ...

山梨県の話昔ある山国の村に、伊助という正直で働き者の若者がいました。朝から晩まで村人達の手伝いをしていた伊助でしたが、ある年の事、都の公家さまのお屋敷に奉公に行く事になりました。公家さまの家でも、伊助は真面目によく働きました。長い長い年月がたち、年をとっ ...

↑このページのトップヘ