リタイア先生もの申す!

アウトローな教師人生話・ニュースやドラマ・楽しいリタイアライフを楽しくお届け!

カテゴリ: 健康法

アルツハイマー病は認知症の原因疾患の一つです「認知症」は病名ではなく、認識したり、記憶したり、判断したりする力が障害を受け、社会生活に支障をきたす状態のこと。この状態を引き起こす原因にはさまざまなものがありますが、「アルツハイマー病(アルツハイマー型認知 ...

「食べたい!」「でも痩せたい!」この相反する欲望は、私たちのわがままな願いです食べたら太る、痩せたいなら食べちゃダメ、これは当たり前のようですが世の中にはいくら食べても太らない人が存在します多くの人からすると羨ましくなってしまいますが、中には「食べても食 ...

ビタミンCの吸収と働きビタミンCはアスコルビン酸ともいわれ、骨や腱などの結合タンパク質であるコラーゲンの生成に必須の化合物です。ビタミンCが不足すると、コラーゲンが合成されないために、血管がもろくなり出血を起こします。これが壊血病です。壊血病のそのほかの症状 ...

太らない食物と言うと、キュウリとかこんにゃくとか・・・あまりおいしそうでない食材しか浮かんできませんがそんな美味しい話ってあるのでしょうか⁉太らないお菓子の食べ方のポイントお菓子を食べることで痩せる効果を高めるには、食べ方を守ることが大切です。いくつかポ ...

フルーツに「シール」なんて貼ってあったっけ?そうなんです、フルーツに直にかまたは袋に「シール」が貼ってあるんです!今まで、単なる飾りか産地の印程度に思っていましたけどなんと、大変な数字なんです!欺かれていたよね!世界共通だそうなので、買うか買わないかは私 ...

注意していないと、どんどん増えるおなかの脂肪!「まあいいか~」「このくらい大丈夫」がその内に恐ろしいことに・・・増えるのは簡単でも、減らすのはそう簡単じゃないよね~1年間食事も気にせず、運動もしなかったから…どえらいことになっちゃった~こうならないうちに ...

特に大食いしていないのに・・・なぜがお腹がポッコリしちゃう~中高年でなくても、こんな❝ガッカリ❞ありますよね一体どうしてこんなにお腹が出るのか便秘か妊娠しているみたいで…イヤになっちゃう~★なぜお腹ばかりぽっこりするの?「自分のカラダの中で、どこの脂肪が ...

「添加物なんて平気だい!」な~んて言っているキミ今はいいかもしれないけれど、積み重ねるとたいへんですよ~外国では禁止されている危険な添加物が、日本では平然と入っている!どうなっているのか!しかも、今の日本はあまりに多くの商品に入っているので、ないものを見 ...

私はこんなに優れている果物だとは知りませんでしたので、今まであまり食べていませんでしたでも、今は毎日1個食べるようにしているんですこれがあれば他の果物食べなくても、栄養バッチリ!ですからそれに、スポーツをしている方にとっても欠かせないフルーツですよ!❤ビ ...

私の運動の基本は「有酸素運動」歩いたりジョギングなどで、酸素をたっぷり吸って汗をかくことです筋肉トレーニングも少しずつ取り入れてはいるけれど、なかなか辛いですから毎日か一日おきに少しずつ・・・しかし、一番衰えてきたのは「柔軟」ですかね体力の要素「筋力、持 ...

1年中を通して、お風呂のカビには苦労しますね窓を開けておいても、カビキラーをしてもカビは必ず生えてくるこの難題に「線香」が一役買ってくれそうです煙が立ち上ることによる効果換気扇内にも、くまなく充満させることができる…換気扇の中や換気扇の羽などにカビの菌が ...

ん~、何度洗っても何か嫌なにおいがする時ってありませんか?それほど古いものではないのに・・・しっかり乾かしているつもりなんですけどね~生乾きの洗濯物が臭う原因は『雑菌』です洗濯物がしっかりと乾いておらず、水分を含んだまま時間が経過してしまったり汚れや汗が ...

運動で汗を流すのは何とか出来ていても、お尻を鍛えることはなかなかできませんね歳とともにどんどんたるんで下がっていくわがお尻!見るに堪えないけれど、何とか少しでも劣化するのを防ぎたい!後ろだけではなくて、横もがっかりの姿ですが・・・日本人は外国人のように桃 ...

いよいよ暑い季節となりましたこの時期、熱中症対策だけではなく「食中毒」にも十分に気を付けなくてはなりませんね!❝食中毒なんて怖くない、下痢するだけでしょ❞なんて思っているあなた、とんでもないですよ!これで命を落とした人や、一生寝たきりになってしまった人も ...

春からの新しい環境がストレスになって”心のスランプ”になってしまう人が!「5月病」は聞いたことがある人が多いのではないでしょうか5月の連休明け頃に、おもに新入学の大学生の間で見られることから名付けられた心身の不調ですところが最近、特に社会人の場合、5月ではな ...

関東地方もいよいよ梅雨入り!梅雨は「湿邪」の季節です体内に余計な水分(湿気)が溜ることにより、身体に様々な悪影響が出るのですカビやダニなども育ちやすく、健康にもよくないのがこの梅雨の季節なのです★呼吸器系のトラブル冬に比べると梅雨のこの時期に5倍も増える ...

糖尿病は国民病といわれるほど、患者数は年々増加しています。しかし自覚症状がないので、気付いたら症状が悪化しているのが怖いところ。糖尿病の恐ろしさや症状に対する知識を持って、自身や家族の健康管理に役立てていきましょう。要注意!糖尿病は自覚しづらい糖尿病は一 ...

仕事している人たちにとって、洗濯を朝するのは大変ですよね~休みの日にまとめてやるには量が多すぎるし!ましてや家族が多いとそうはいきません!ついつい夜洗濯機を回す人、多いのではないでしょうか⁉私も、現役の頃はやっぱり夜洗濯派でしたしかし、夜はさすがに外には ...

あまりにも古いシャツやタオル、部屋干した洗濯物が「くっさ~い!」経験ありますか~?私はアパート暮らしが長かったもので、外になかなか干すことができず、ついつい部屋の中に干しちゃってました。柔軟剤を使っても臭いでごまかしきれず、着て汗をかくと臭ってくるんだよ ...

動脈硬化を改善し脳卒中や心筋硬塞を防ぐ「血管若返りストレッチ」私は体の問題点を見つけ、病気になる前に対策を立てる予防医療を提唱・普及しています。あなたの血管は大丈夫でしょうか? チェックテストで確かめてみてください。【解説】金城実(日本予防医療協会代表理 ...

甘酒とはどんなもの?甘酒は、お米で作られた発酵飲料で江戸時代から日本人に親しまれていました白米の固めのお粥に米麹を混ぜ、発酵させて作るもので、元々、神事用に作られました今は、甘酒と言えば寒い冬にふうふう言いながら飲むというイメージがありますが江戸時代では ...

私は最近太り始めました~!仕事をしていた時は、当然体育の教師でしたから「運動」は毎日していたし太る心配などそれほどしてはいませんでしたまあ多少中年でお腹周りは若い時に比べ、お肉がついてきていましたが・・・退職して今は、ほとんど運動もせず食べる量が増えた今 ...

動脈硬化の改善によい運動は?運動不足は動脈硬化の危険因子のひとつです。適度な運動を習慣にしましょう。では、動脈硬化改善のためにはどのような運動を行えばいいのでしょうか。それには軽めな有酸素運動が良いと言われています。一番手軽にできるのがウォーキングですね ...

パイナップル大好きだよ!夏はスイカにパイナップルにモモ・・・美味しい果物がいっぱいじゃん!それにそれに、栄養もいっぱい!食欲なくてもフルーツはいけるよね!★美容・美肌効果がバツグンパイナップルはビタミンAとビタミンCがいっぱい!さすが南国のフルーツですねま ...

ストレスを受ける期間の長さで異なる、ストレスの種類           ストレスとは、もともとは物理的な力や圧力を意味しています。重いものを乗せておくと、その重みで下になっているものがひずんだり壊れたりすることがありますね。これが転じて、人の心 ...

あなたは精神的に強い方ですか、それとも弱い方ですか?私自身を見てみると・・・よく「強いですよね~」な~んて言われました現役の頃けっこう臆病者で、全然強くなんてなかったのに・・・そうみられてましたねなんででしょう!?子どもたちには、「ポジティブシンキングに ...

ストレスにさらされる血管全身に栄養を送るという重要な役割を担う血管は、「最大の臓器」とも呼ばれます季節の変わり目の寒暖の差や、生活環境の変化といったストレスはどんな負担を血管に与えるのでしょうか?人は「寒い」と思った瞬間、自律神経の交感神経が緊張します交 ...

みなさんの中には、私には中性脂肪やコレステロールなんて関係ないわ!なんて思っている人いるのではないでしょうか私もそう思っていたんですよ若いころは運動も人一倍していたし、甘いものはほとんど食べない、油物は嫌い・・・どこが脂肪に結びつくのか・・・しかし、30 ...

ゴールデンウイークが過ぎるころ、大人も子どももなんか「やる気な~い!」病になることってありませんか?仕事したくない!学校に行きたくない!なんてけっこうあるのではないでしょうか⁉その症状「五月病かも!しれませんよ五月病ってなに?「五月病」とは、おもにゴール ...

脳梗塞の前兆に要注意  脳梗塞の3つの症状「体の片側がうまく動かない」「思うように話せない」「見え方がおかしい」が現れたあと、数分から数十分ほどで自然に症状が消えてしまう場合があります場合によっては、症状が1時間以上続く場合もありますが、長くても24時間以内に ...

がんばっても痩せないのは「デブ菌」のせいなんですって!デブ菌が腸内に潜んでいる事が原因でダイエットをしても痩せない事がありますがデブ菌を減らすにはどうしたらいいんでしょう?逆にヤセ菌を増やすことによってダイエットを効果的に行うことができるそうなので腸内の ...

実は私・・・「パニック障害」になってしまいました40年ほど前にもあることがきっかけで、この病気になりましたあの時は、閉所恐怖症、暗所恐怖症になってしまい、本当に驚きと恐怖でしたエレベーターやサウナ、トイレなど狭い場所に入ると異常なほどに恐怖感に襲われ脈拍 ...

太っている人と痩せている人どちらかを選べといえば・・・ほとんどの人は「痩せている方が・・・」と言うでしょうね!みんな太りたくないと思っているかもしれませんが、まあ限度ってものもあるし最終的にはやはり「健康的」な体形を望みますが、若い内はなにがなんでもヤセ ...

最近、スマホを見ていて「何か目がヘン…見にくい」とかありませんか?まあ、私は老眼ですからそういうこともありますが若い人たちにもそんな症状があるそうですよ20~30代の若い層が、「手元の文字が見づらい」「近くのものにピントが合わず視界がぼやける」といった老眼と ...

「老け顔の人は早死にする可能性が高い」という研究結果があるそうです老化は外見だけの問題と捉えられがちですが、最近の研究では外見の老化と体内の老化は密接に関係していると考えられているとか!この老化に関する研究の中でも、最近注目を集めているのが「AGE」と呼ばれ ...

生きていると、必ずどこかで「何もしたくない」「死んでしまいたい」などに襲われますそういう私も、何年か何十年か前そんなことがありました自信がなくなり、幻聴や恐怖、不信や不安など様々なものが自分に舞い降りたかのように誰の言うことも素直に受け入れられず、ドンド ...

<$ArticlePermalink$><$ArticleTitle ESCAPE$>最近何か気持ちが落ち込んで・・・何にもしたくなくなって・・・どうしちゃったのかな~なんて思うことありませんか?人は誰でも「うつ状態」になることはありますがその状態がなかなか改善されなかったとしたらうつの初期段階か ...

↑このページのトップヘ