リタイア先生もの申す!

アウトローな教師人生話・ニュースやドラマ・楽しいリタイアライフを楽しくお届け!

カテゴリ: 教育・子供

昔、ひとりの旅人が洪水に巻き込まれ溺れかけていた旅人は流木に何とか掴まり流されていったが、蛇が溺れているのを見て助け次に狐が溺れていたので助けたすると今度は人間の男が溺れていたが蛇と狐は「人間なんか助けたってろくなことがない」と言ったが旅人はその言葉に耳 ...

猫の日は日本の猫の日実行委員会が1987年に制定した記念日であり2月22日に定められている猫の日は世界各国で制定されており、ロシアは3月1日、アメリカ合衆国は10月29日である滋賀県甲賀市が2015年に2の並ぶ2月22日を2と「忍者」の「忍」をかけた語呂合わせで2月22日を「忍者 ...

1872(明治5)年2月21日に現存する中では日本初の日刊新聞『東京日日新聞(とうきょうにちにちしんぶん』(現在の毎日新聞)が創刊されたことが由来となっています実際に日本初の日刊新聞は1870(明治3)年に創刊された「横浜毎日新聞」となりますが他者に吸収合併されたため、現存 ...

2月20日は、財団法人日本アレルギー協会が制定したアレルギーの日これは、免疫学者石坂公成・照子夫妻がブタクサによる花粉症の研究からアレルギーを起こす原因となる「IgE」抗体発見を発表した“1966年2月20日”にちなんで制定されました協会ではこの日の前後1週間を「ア ...

1955年のこの日、日本初のプロレスの本格的な国際試合「力道山・木村政彦組対シャープ兄弟」の試合が開催されたことに由来2月19日は『プロレスの日』とされている戦前、日本人レスラー米国デビュー最初の日本人プロレスラーは元力士のソラキチ・マツダとされている1883年にア ...

2月18日は「エアメールの日」1911(明治44)年のこの日、世界で初となる飛行機による郵便配達が行われたことに由来する郵便飛行はインドで開かれていた博覧会のアトラクションとして行われ博覧会会場のアラハバードから、8km離れたナイニジャンクション駅まで6000通の手紙が飛 ...

2月17日は、「天使のささやきの日」ですあなたは、ご存知でしたか・・・?「天使のささやき」とは、氷点下20度ぐらいになると、空中のチリなどが凍りつき、そこに光が当たるとキラキラ輝く、ダイヤモンドダストのことです昭和53年2月17日、北海道の幌加内町では、 ...

2月16日は「寒天の日」2005年2月16日、全国放送のテレビ番組で寒天が紹介・放送され、寒天が有名になったことを記念して、日本で一番の寒天の産地である長野県、茅野商工会議所、長野県寒天水産加工業協同組合が制定した。寒天は紅藻類という海藻を原料とした精製食品で、そ ...

春一番」という言葉が初めて使われたことを記念した日。 「春一番」とは冬の北風とは逆方向で、南から吹きつける強風のことで暖かい風に春の近づきを感じさせる例年2月から3月の半ば、立春から春分の間に吹き気象庁では「春一番」の到来を毎年発表している もともと「春一番 ...

バレンタインデー3世紀に殉教したローマの司祭、聖バレンタインの記念日世界各地でこの日、恋人が互いに贈り物をして愛を誓い合う日本では、神戸市の洋菓子メーカー「モロゾフ」が1931(昭和6)年商品カタログでチョコを「愛の贈物(おくりもの)」と紹介したのが始まりと言われ ...

ここのところ、北陸地方特に福井では大雪で車の中に何時間も閉じ込められたり家にいても寒い日が続いています若い人ならまだしも、中高年にとっては危険な寒さですね異常な低温が続くなか要注意です!この寒さによる体調不良が急増しているそうで、しかも自宅など室内での発 ...

まず、9月19日の苗字の日ですが、これは1870年(明治3年)9月19日に出された「平民名字許可令」に由来しますこの法令によって、貴族や武士だけではなく、平民も公に名字を名乗ることが許可されましたでも、「平民名字許可令」はその名の通り、平民が名字を持つことを許可します ...

1968年のこの日に、世界初のレトルトカレーである「ボンカレー」が関西で市販を開始したことがそのゆえんとなっている ボンカレーは、発売元である大塚食品工業(現大塚食品/本社:大阪府大阪市)がアメリカの雑誌に掲載されていた新しい軍用食の記事をきっかけに2年の開発 ...

昔、飛騨の国は乗鞍山の西、山ひだの中に沢上(そうれ)という谷があってそこには長吉(ちょうきち)という大変信心深く、正直な炭焼きが住んでいたある夜のこと、長吉が炭焼き窯の前でウトウトしていると、長吉の夢に白髪の老人が現れ「高山のみそ買い橋の上に立つがよいき ...

生徒指導担当をしていた時こんな話を子どもや親にしたことがあります大人(親)が、知らぬ間に子どもの限界を作っていないでしょうか・・子どもが「自分はどうせこんなものだ」と勝手に限界を作っていないでしょうか・・・10代の子どもたちはまだまだ未知の世界がありまだ ...

建国をしのび、国を愛する心を養う国民の祝日1966(昭和41)年から国民の祝日になったこの日はかつて「紀元節」という祝日だったが、戦後になってこの祝日は廃止された1951(昭和26)年頃から復活の動きが見られ、1957(昭和32)年以降9回の議案提出・廃案を経て1966(昭和41)年に、 ...

昔、阿蘇山のふもとのひのき村というところに大吉という体は大きいがぼーっとしていて頭の足りない若者がおったある日、大吉が山で仕事をしている男たちに弁当を届けようと、山道をあるいていたところが大吉は途中で腹が減ってしまい、途中で弁当を全部食べてしまった腹が減 ...

今までは仕事に行っていたから気が付かなかったり、気にしなかったりしていたことが最近は毎日家にいるので気になって気になって…ということありますよねいまそれです!裏の家の犬、ワンちゃん・・・なぜ吠える!キャンキャンと、ず~っとすぐ近くなので、うるさくってねむ ...

布団の日ふ(2)とん(10)のゴロ合わせです最近では10月10日に変わったそうですが・・・ところでみなさんはお布団どのくらい干してますか?毎日と言う方や休みの日だけと言う方それぞれでしょうねでは、干す時間はどのくらいが良いのでしょうか団を干す時間は布団の ...

朝の車のガラスの凍結に、いらいらしたことありませんか?屋根付きの駐車場ではそんなこと心配なしですが、そうでない場合は…どうしてます?手っ取り早いのが「お湯」でしょうか!ぬるま湯だとまた凍っちゃうから、ちょっぴり熱めにして・・・ちょっと待って!それは危険で ...

服の日「ふ(2)く(9)」のゴロにちなんで、全国服飾ガッコ協会や日本ファッション教育振興協会などが記念日に制定肉の日「に(2)く(9)」のゴロにちなんで、記念日に制定毎月29日も「肉の日」になっているものの、多くの肉製品会社や精肉店では2月9日が「肉の日 ...

まずは「本家本元」の宮沢賢治の詩を、もう一度読んでみてくださいそして、現代風にアレンジした詩をどうぞ!なかなかうまいもんですこんな人どこかにいるな~・・・と思ってしまうほど!宮 沢 賢 治 詩 碑 雨にもまけず風にもまけず雪にも夏の暑さにもまけぬ丈夫なからだを ...

針供養とは、折れたり曲がったり錆びたりしてしまった古い針をこんにゃくや豆腐などに刺して供養する行事のこといいます役目を終えた針に対する労いと感謝の気持ちをあらわすとともに裁縫の上達も祈う行事とされています針供養を行う時期ですが、関東では2月8日に行われる ...

集団行動の授業は大切ですよ!勤務した学校では必ずやりましたみんな好きではないけれど集団社会でよりよく生きるのには、これは欠かせません!この練習は、宿泊研修・体育祭・集会・給食・避難・・・あらゆる場面で役に立ちます・社会の一員として能率的に行動周囲の状況が ...

1855年2月7日,日本とロシアとの間で「日魯通好条約」が調印され択捉島とウルップ島の間に国境が確認されましたそれ以降も,択捉島,国後島,色丹島及び歯舞群島からなる北方四島一度も他国の領土となったことがない,日本固有の領土ですしかし,1945年に北方四島がソ連に占 ...

抹茶(まっちゃ)は、緑茶の一種である。碾茶を粉末にしたもの、またそれに湯を加え撹拌した飲料である。茶道で飲用として用いられるほか、和菓子、洋菓子、料理の素材として広く用いられる「海苔の日」海苔は古くから貴重な食品として食べられて来たその価値は高く評価され ...

昔、江戸の小石川の喜運寺の近くに豆腐屋があったこの豆腐屋は大変繁盛しておったがある時豆腐屋のだんなはもっと金もうけをしようと考えるようになったおっかあ(妻)には内緒で悪い豆を使ったり、豆腐を少し小さめに切って売るようになったそれでも客はそれに気づかず、店 ...

笑顔の日なぜ2月5日が「笑顔の日」なのかというと、「ニ(2)コ(5)ニコ」という語呂合せからきています笑顔になるだけでストレスを解消する効果が期待できますそのため、落ち込んでいストレスを抱えている時ほど、笑顔になるのが良いとされています人間が笑顔の状態となると、 ...

旧暦ではこの日がが1年の始めとされていたため決まり事や季節の節目はこの日が起点になっています八十八夜、二百十日、二百二十日も立春から数えます冬至と春分の真ん中で、まだまだ寒いですが暦の上では旧冬と新春の境い目にあたり、この日から春になります梅の花が咲き始め ...

むかし、まだ八橋が野路の宿(のじのしゅく)と呼ばれていた頃の話ここに一人の心根がやさしく、敬虔な女の子がいた女の子はよく尼僧院へ行って遊び、尼さんたちからも大変可愛がられていたやがて女の子は成長し、縁あってこの地に住む医者のもとに嫁ぐことになった夫婦は二 ...

雁が飛んでいるのを見たことがありますか?V字を形どっているのですなぜだかご存知ですか?・・・・・なんと V字編隊で飛ぶと、一羽で飛ぶよりも7割も遠くまで飛べるらしいのです前の雁が羽ばたくと、後続のために、上昇気流を作り出すことができるので、後続の雁は楽に飛 ...

昔ある村にじんたという身体はでかいがのろまの少年がいたじんたは近所の子供達といつも八幡様の境内で遊んでいたがある時この八幡様にひとつ目の化け物が出ると噂が立ち村人は子供達を外に出さなくなったところがある日じんたは家のばあさまににぎりめしと釜と木鎚を貸して ...

昔、薩摩の桜島の近く日当山(ひなたやま)という所に徳田太兵衛という地頭がおりました頭の働きがとても良く、機知と頓知に長けていて時には殿様をもやり込めたりするもので周りの人から「ひなたやまどん」と呼ばれ、たいそう慕われておりましたたとえば、茶の実などどこに ...

昔、備中の吉川という村で、立派な八幡さまを建てようとその頃有名だった「飛騨の匠」に建設を依頼しましたやがて飛騨の匠が弟子を一人だけ連れて、吉川の村にやってきました村人たちは「弟子一人でお宮が建つのだろうか?」と心配しましたがそんな心配をよそに飛騨の匠は小 ...

昔、ある村に太郎べえと次郎べえという男がいたある日のこと、二人は都見物を思い立ち、二人そろって京の都に向けて旅に出た初めて見る京の街は、何を見ても珍しく、楽しく、二人は夢中で色々な所を見物したそして、見物も終わりに差し掛かったころ大きな寺の境内に人だかり ...

昔々、福岡県朝倉郡に阿弥陀ヶ峰という山があったそうなこの山にはいろいろなものに姿を変えては人に悪さをする化け物が住んでおった夜遅く山越えをして帰る村人を驚かせて物をとったりするがとうとう阿弥陀様にまで化けておどかすようになったそこで村人は山の阿弥陀堂に集 ...

NHKは気に入らないけれど、この「西郷どん」はおもしろそうですよ!幕末から明治の頃って、今まであまり興味がなかったので詳しい事は知らないんです西郷隆盛にしても勝海舟にしても、名前は知っていてもどういう時代をどんな風に生きて何をした人か、どんな人なのかほとんど ...

↑このページのトップヘ