リタイア先生もの申す!

アウトローな教師人生話・ニュースやドラマ・楽しいリタイアライフを楽しくお届け!

カテゴリ: 家族

独居老人が生きる希望を見つけた話昔、ある山里に、妻も子供にも先立たれた一人暮らしの貧乏な爺さんがいました爺さんは毎日二人のお墓にお参りすることだけが楽しみでしたやがて冬になり、村はすっぽりと深い雪に埋もれ爺さんもじっと家の中に閉じこもっていました節分の日 ...

ネコ好きの方にはたまりませんね~ネコにもいろんなタイプがあるなんて知りませんでしたそういえば、すぐにすり寄ってくるネコもいれば、そばに行くと逃げちゃう・・・人見知り?って言うネコもいますよねさあ、あなたのネコはどのタイプになるのでしょうかまた、ネコの顔形 ...

いつ見てもかわいい「シャンシャン」ですね~日ごとに大きくなって、毎日これでもかっていうくらい動き回っています人間も同じで、歩きはじめの子どもって好奇心旺盛でかわいいですよね来年はもうお別れ⁉ジャイアントパンダは国際自然保護連合(IUCN)の世界の絶滅危惧 ...

生徒指導担当をしていた時こんな話を子どもや親にしたことがあります大人(親)が、知らぬ間に子どもの限界を作っていないでしょうか・・子どもが「自分はどうせこんなものだ」と勝手に限界を作っていないでしょうか・・・10代の子どもたちはまだまだ未知の世界がありまだ ...

3種類のインフルエンザウイルス数あるインフルエンザウイルスの中で、人間に感染するウイルスは大きく分けて3種類ありそれぞれA型、B型、C型と呼ばれています一口にインフルエンザとは言っても、ウイルスの型によってずいぶん症状や経過が異なります 【A型インフルエンザ ...

カラテカ矢部太郎の漫画『大家さんと僕』の一篇「うどんとホタル」が短編アニメに お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎(40)が50歳近く年上の女性の大家のおばあさんとの“ひとつ屋根の下”での生活を描いた自身初の漫画『大家さんと僕』(新潮社)内の作品が短編アニメとして ...

そう言われると「鬼」は今まで家にいたことないよね~節分の日だけ、急に家にいるってどういうこと?まあ、鬼さんにしてみれば、節分の日にみんなから豆を投げられて嫌な役ですね~■初春開運祈願クーポンで1,212円★2017年最も売れたみかん独占販売■スーパ...価格:1320円 ...

1月31日(水)「愛妻の日」とは? 「妻というもっとも身近な赤の他人を大切にする人が増えると世界はもう少し豊かで平和になるかもしれないね」という甘い理想のもと日本独自の伝統文化かもしれない愛妻家というライフスタイルを世界に広めていくため日本愛妻家協会が推進する ...

3分間電話の日1月30日は「3分間電話の日」1970(昭和45)年1月30日、公衆電話の市内通話電話料金が「3分10円」に定められたことに由来する。それまでは1通話10円で、時間は無制限だったため、公衆電話での長話を制限するために上限が設けられた。ちなみに、現在では公衆電話 ...

パパは大変!子どもが何人かいると、何かしら要求してくるもんですねみんな同じように愛しているのに・・・あ~、むずかしい!それにもっと怖い、ママもいるし~でもやっぱり、家族っていいよね~              【2018年新春おせち予約】【博多久松】2018新春 ...

アオオニ君も一緒に冬休み! あおおに・・ぷーどうだったかな~ぷ~ゴディバ GODIVA☆トリュフ 6粒 レジェンデール チョコレート ブランド ...価格:5910円(税込、送料無料) (2017/10/22時点)\訳ありメガ盛り!/割れチョコMIX5【蒲屋忠兵衛商店】【チュベドショコラ】 ...

ドライブスルーと言うと、飲食店が多いですよねん~と・・・牛丼チェーン店、スタバ、はま寿司、かつ屋などそれが何と、今回「葬儀場」のドライブスルーができたそうです!ビックリしちゃいますよねそんなんでいいんでしょうか・まあ、車いすの方とか小さい子どもさんがいる ...

おもてなし・・ではなく「語もてなし」?さすがのグローバルなおばあちゃん!この親にしてこの子あり!最高におもしろい親子    【ふるさと納税】迫力満点 うなぎ蒲焼(長焼特大サイズ5尾入)価格:20000円(税込、送料無料) (2017/11/16時点)B233★9月1日14時より増量開 ...

先月26日までの1週間に報告されたインフルエンザの患者数は1医療機関あたり1.47人でした厚生労働省は、流行開始の目安である「1」を超えたことから全国的な流行シーズンに入ったと発表しました例年より、やや早めの流行入りです都道府県別に見ると1医療機関あたりの患者数が ...

あなたは守護霊の守りの力を感じますか?人間に、必ず1人1体付いていると言われている守護霊ということはどんなに不遇な人や間違いを犯して失墜してしまった人にも守護霊はいるということですよねあなたも、もれなく守護霊に守られている1人自分の運命が守護霊の力のレベルに ...

昔ある村に、グズという兄とダブという弟が、両親と一緒に暮らしていました。今日はお坊さんがやってくるという日、忙しくしていた母親が、グズとダブにお手伝いを言いつけました。さっそく兄のグズは、かまどでご飯を炊き始めました。やがてグツグズとお釜が煮えたぎってく ...

神奈川県座間市のアパートで、9人が遺体で見つかった事件お気に入り詳細を見るこの事件は先月、座間市のアパートで切断された9人の遺体が見つかり、容疑者が、このうち1人の死体を遺棄した疑いで逮捕されたものお気に入り詳細を見る 被害者9人が特定され写真が公表された ...

最近起きた「座間の殺人」でもわかるように、スマートフォンを使った犯罪が増えています!大人でさえも騙されるわけですから、子どもはもっと危険です!小中学生の頃からの基本マナーや使い方など、学校任せにせず親が責任をもって教育することが一番ですなぜなら、学校での ...

昔から東北地方には、座敷わらしという子どもの姿をした神様のお話が伝わっている。座敷わらしは、古い大きな家の奥座敷に住んでおり、トタトタと駆け回る音をさせたり、ザワザワと箒で掃くような音をさせたりすると言う。また、お客さんが家に泊まった時など、枕返しという ...

むかしある村に、年老いた母親と息子が住んでいました。ある日、隣村から働き者で親孝行な良い嫁を迎えました。やがて10日も経つと、嫁の様子がおかしくなりました。母親が心配して嫁に理由を尋ねると、嫁は「屁がしたいが我慢している」と言うのです。母親が「屁ぐらい遠慮 ...

長野県のお話昔、五料(ごりょう)という村の原っぱにお地蔵さんがいて、村の子供たちはお地蔵さんの周りでいつも楽しく遊んでいました。ある日、たまたま通りかかった馬子が、馬の背に乗せた荷物のバランスをとるため、お地蔵さんを乗せてそのまま立ち去って行きました。大 ...

昔、千葉の市原の村はずれにでっかいケヤキの木があり、そのすぐ隣に空き家があった。いつしかその空き家に一人の医者が住みついた。「萬診療所」という看板を空き家の前に立てかけた医者のことは、すぐに村中の評判となった。医者は村人たちに「自分はなんでも治す医者だ」 ...

最近の座間市の殺人事件をみると、サイコパスを連想しますね!あなたのまわりにはそんな危険な人いませんか?気付かないだけかもしれませんよ・・・女性が殺害されるという事件は、今回に限ったことではありません夜、公園を歩いていた女性が殺害されたという報道も先ほどあ ...

茨城県のお話です昔、ある所に貧乏な百姓夫婦がおりました。ある寒い冬の日、突然、屋根を突き破って男が落ちてきました。自分は貧乏神だ、住みにくいから出て行く、といいます。しかし夫婦は「外は寒いからせめて明日の朝」とか言って引きとめようとします。「温まるから」 ...

京都の昔話です昔々、ある所に年頃の娘を抱えた長者どんがおった。長者どんは、かわいい娘の事を思って、ええ婿どんを・・・と、いつもその事ばかり考えておった。こんな話はすぐ広がるもので、多くの若者達が婿候補を名乗り出て、長者の屋敷へ向かうのだが、一晩長者の家に ...

ある男の家に、急に山姥がやってきて嫁にしてくれと言う。男は断るのが怖くて山姥を嫁にしてしまう。山姥の嫁さんは意外にも働き者なのだが、その日から男の家の米の減る量が異様に多くなる。 不思議に思った男が、昼間畑に行くふりをして家の中の様子を伺っていると、山姥の ...

昔ある山奥に、六十歳以上のお年寄りは親であっても山へ捨てなければならない、というお触れ(ルール)がある所がありました。この村に一人の息子と年老いた母親のすむ家がありました。とうとう母親が60歳になり、泣く泣く息子が母親を背負って年寄りを捨てる山(うばすて山 ...

昔、ある村のはずれに婆さまと娘の二人が住んでおり、二人は家の前の小さな田んぼで米を作り、細々と暮らしていた。娘は来年嫁入りすることになっていたが、一つ困ったことがあった。それは、一人食いぶちが減るという理由で、来年から余計に年貢を納めねばならないという事 ...

教師になりたての頃はクラスに1人いたかどうかでしたが15年ほど前から徐々に増え始め、多い時には各クラスに3人程いました私の経験から言うと男子の方が多かったように思います様々なパターンがありA=小学校から続けて不登校B=中学に来て1年生の後半から不登校C=中学2 ...

昔、越後のある村に太助(たすけ)という百姓がいた。太助は働き者であったが、もう30才だというのに、どういう訳かまだ嫁さんがいなかった。そこである日、太助は村の鎮守様にお参りに行くことにした。来月は10月、全国の神様が縁結びに出雲に集まる月。太助は村の鎮守様に ...

ファザコンてあまり気が付かないけれど、マザコンはいますよね~小さいころならまだしも、青年期になってもお母さんといつも一緒とかべたべたして「恋人か!」間違うような人・・・ブルブルあなたはどうでしたか?大丈夫?ルタオ 奇跡の口どけセット ハロウィン ギフト ケー ...

この話は沖縄県の昔話です仲のいい夫婦の夫が、仕事帰りに亡者に会い、自分の女房の魂を取ると言う話を聞いて驚いたのなんのって・・・さて、どうやって女房を助けるのか・・・夫婦愛はいつの世でも素敵なものですね※亡者とは死んで成仏できずに冥土をさまよっている魂の事 ...

大人になると、危険な物はけっして口にしませんが小さい子どもや年寄りには気を付けてあげないと!うっかり口に入れてからでは遅すぎますよ!当たり前といえば当たり前ですが注意するに越したことはありません!決して悪用してはいけませんよ!身近な日本の有毒植物一覧だよ ...

人形にまつわる話ってけっこうありますよね日本人形の髪の毛が少しずつ伸びている話や外国の人形の怖い話や・・・かわいいお人形さんなのに魂が宿っちゃうんですかねかわいがっていた人形は、その辺に捨ててはいけないそうですよ!                      ...

  認知症の人に対して、どうせわかんないから適当でいいや~なんて思っていると、とんでもない!わけのわかんないこと言ってても、ちゃんとわかってることがある大人扱いしていいやら、子どものように接していいやら・・・全く分からなくなってくる介護している人って、きっ ...

いや~、いくら仲良し夫婦でも、床下に埋めるのは…ちょっと怖いですね~しっかり供養してあげないと毎夜毎夜出てきますよ!夫婦はいいとしても、お他人さんは参ったもんじゃない!でも、こんな仲良し夫婦ってうらやましいな~いくつになってもいいもんで~すね!この「ぞろ ...

誰でも年を取ると忘れっぽくなったり、記憶がよみがえらなかったり…「ボケたか!?」なんて思ったり、言われたり!私もかなり物忘れがひどくなってとは言っても、人の名前や物の名前が出てこない‥くらいだけどねまだ、昨夜の夕食に何を食べたかくらいは覚えているから大丈 ...

↑このページのトップヘ