13f20e90-s[1]
















怖い!
新幹線でこのような殺人が行われるとは・・・
日本でこのような思ってもみない事件が起こるとは、本当に安心していられませんね
いつ何時自分の身に降りかかるかと思うと、身を守る物を持参していないと!
でも隣の人にいきなり切りつけられたら、防ぎようもありません
怖い事です
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします

東海道新幹線<のぞみ>車内で3人切られ1人死亡 凶器はナタ 「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」

新幹線の車内で殺人事件が発生しました。

9日午後9時50分ごろ~東海道新幹線「のぞみ265号」内から「人が刺された」との110番~小島一朗容疑者(22)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕~刺されたのは3人とみられ~男性1人は意識不明の重体だったが搬送後死亡した。他の女性2人は重傷の模様。

男は「新幹線の中で殺意を持って人を刺したことは間違いない」と容疑を認め、調べに「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」と供述しているという。

新幹線3人殺傷 死亡男性、凶行を止めに入り犠牲になった可能性も 目撃者ら証言:産経新聞6/10(日) 8:13配信

■「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」

「むしゃくしゃして」は、凶器を用意し殺害を考える動機としては、常識的には考えられないことでしょう。

今までの犯罪例では、犯行のしばらく前から人生が上手くいかなくなり、自己否定の思いが高まり、さらに社会全体を否定する思いが強くなります。そのような自暴自棄の思いでの生活が続く中、何かのきっかけでイライラが極度に高まって犯行に到った時に、彼らはしばしば「むしゃくしゃしてやった」と表現します。

「誰でもいいから殺したかった」などと無差別で多数の人に危害を加える人は、すでに自分の人生や生活も大切にできなくなっています。だから、大勢の目撃者の前で犯行を実行し逃亡も考えません。

■鉄道にも手荷物検査が必要?

こんな事件が発生すると、鉄道にも飛行機なみの手荷物検査が必要だとの意見が出ます。諸外国では、高速鉄道に乗る際に手荷物検査が行われている国もありますが、飛行機ほどに厳密には行っていないようです。

また専門家の試算によると、乗客一人当たり500~1000円の費用がかかるとされています(新幹線で手荷物検査はできる?専門家がコストを試算:BLOGOS)。しかし、列車は飛行機とは違い大きな荷物も全て車内持ち込みますし、通勤電車なみの過密ダイヤを考えると、手荷物検査は難しいように思えます。

日本では、毎日6000万人の人が鉄道を利用しています。世界的な視点から見れば、鉄道テロは現実的な脅威であり、国土交通省も対策を検討しています(国土交通省/鉄道のテロ対策)。

ただ、テロではない個人による突発的な犯罪になると、対策はなおさら難しいでしょう。