network-500x310[1]











アルツハイマー病は認知症の原因疾患の一つです

「認知症」は病名ではなく、認識したり、記憶したり、判断したりする力が障害を受け、社会生活に支障をきたす状態のこと。
この状態を引き起こす原因にはさまざまなものがありますが、「アルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)」もそのひとつ。
現在日本では認知症を引き起こす原因のうち、もっとも割合の多い疾患で、6割以上がアルツハイマー病だと言われています。
他の原因疾患には、血管性認知症レビー小体型認知症前頭側頭型認知症などがあります。

アルツハイマー病では、脳の神経細胞が減少する、脳の中で記憶を司る「海馬」を中心に脳全体が萎縮する、脳に「老人斑」というシミが広がる、脳の神経細胞に糸くず状の「神経原線維変化」が見つかるといった変化が現れることがわかっています。
脳の中にβアミロイドと呼ばれるタンパク質がたまり出すことが原因の一つとされていて
βアミロイドが脳全体に蓄積することで健全な神経細胞を変化・脱落させて
脳の働きを低下させ、脳萎縮を進行させると言われています。

アルツハイマー病を発症すると、記憶障害の症状が見られ、進行にともなって場所や時間
人物などの認識ができなくなる「見当識障害」の症状が現れます。
身体的機能も低下して動きが不自由になったりします。
進行の度合いには個人差があり、わずか数年で寝たきりになってしまう人もいますが
10年経っても自立して穏やかに暮らしている人もいます。
アルツハイマー病の根本治療はまだ出てきていませんが、抗認知症薬で病気の進行を遅らせることができます。

認知症の原因疾患でもっとも多いのがアルツハイマー型認知症。
全体の約6割と、半数以上を占めています。
一般的には高齢者に多い病気ですが、年齢が若くとも発症することがあるので注意が必要です。
※厚労省の調査では、全国の若年性認知症者数は3.78万人、発症の平均年齢は約51歳です。その中でアルツハイマー型は25.4%になっており、現役世代が多いだけに経済負担や社会的影響も大きくなってきます。

進行性の病気で完治は難しいとされていますが、早く気づいて対処することで、進行を遅らせたり症状を緩和することもできます。従って、早期発見は重要なポイントです。
できるだけ長く活き活きと生活するためにも、サインを見逃さず、早めに受診しましょう。

spect02[1]
















  

「アルツハイマー」と「若年性アルツハイマー」の初期症状に差はある?

「アルツハイマー」と「若年性アルツハイマー」には、発症年齢の他は医学的な診断基準の差はありません。
65歳未満でアルツハイマー型認知症を発症した場合「若年性アルツハイマー型認知症」とされます。

しかし、診断基準は同じでも、生活スタイルの違いなどから「初期症状として疑われること」は違っていることがあります。

若い人の場合

多少の物忘れがあっても、「認知症は高齢者がなるもの」という印象が強いため、本人も周囲も認知症を疑わない場合が多いようです。
ちょっとした失敗が続いてもストレスのせいなどにしがちです。
認知機能の衰えによる失敗をネガティブに捉えがちになり
うつなどの精神疾患と診断されるケースもあります。

若い人の場合は「もの忘れでなく仕事上の失敗や奇怪な精神症状の出現で周囲が気づくことが多い」とされています。

年齢が若くとも、認知症の可能性を否定せず、異変を感じたら早めに医療機関に相談しましょう。

若い人の認知症の多くがアルツハイマー病で、発症の多くが40歳後半から60歳代前半の発症です。その発見は、高齢者と違って、もの忘れでなく仕事上の失敗や奇怪な精神症状の出現で周囲が気づくことが多いようです。

ある男性の異常に最初気づいたのは、家族ではなく職場の同僚でした。1年ぐらい前から、契約時の書類がうまく整わないことを同僚に嘆いていたようです。そのようなことは、誰にでもあることなので、それが病気のせいとは最初は思ってもいなかったようです。しかし、それがたび重なった時に、同僚は孝雄さんの異常に気付いたのでした。

若年者の場合もエピソード記憶の障害は中核の症状ですが、多くは、記憶の障害が他者にわからないように話を合わせたり、うまく取りなしたり、ごまかしたりするので、周囲は気づかないことが多いようです。一方で、年齢が若いので「物忘れ」と思わず、「集中していなかったから、忙しかったから」などと違うことに振り替えてしまうのです。

ninchi1[1]














高齢者の場合

一方、高齢者の場合は、先ほどの「認知症は高齢者がなるもの」というイメージで、物忘れをすると認知症を疑う傾向にあるようです。
後から思い出せるような物忘れであれば老化現象と考えられますが
「約束自体を忘れる」「食事をしたことを覚えていない」などの症状が出たら注意が必要です。

そのほかにも「日付や曜日がわからなくなる」「物や人の名前がわからなくなる」「失敗を繰り返し言い訳をする」「同じことを何度も言う」などが、初期の症状として挙げられます。

進行を抑制するためにも、「年だから…」と目をつぶるのではなく、兆候に気づいたときに受診しましょう。
01[1]

















こんな症状が出たら受診を検討しましょう

ごく初期の症状として、7つのポイントを挙げています。
以下のような症状に気づいたときは、医療機関への受診をお勧めします。                                            

1.家庭や会社で何でもないことの失敗が目立つ、今まででは考えられない失敗をする
2.会話が少なくなる、人目を避ける、閉じこもる
3.元気がなくなる、不安な表情がめだつ
4.すぐわかるようなごまかしやウソをつく
5.話の辻褄が合わない。相手に話を合わせようとする
6.以前のその人らしからぬ軽率な行動が目立つ
7.以前からの趣味や関心ごとに興味がなくなる
8.日常で、物忘れが目立つようになる


具体的にどのように「認知症」だと気づく?

実際の生活の中で、どのような経過を経て、認知症の診断に辿りつくのでしょうか。
「ユッキー先生の認知症コラム」には、若年性アルツハイマーと診断されるまでの男性の様子が紹介されています。51歳の男性は、診断を受けるまでに、以下のような経過を辿っています。

① 家族旅行の予定を忘れて海外出張を入れてしまう→一緒に行けないことで妻を責める
② 妻と子供達だけで旅行に出かけ、帰宅すると家族旅行に出かけたことを知らなかった
③ 仕事での失敗が増え、上司から不備を指摘されるようになる
④ 産業医を受診し、うつ病と診断
⑤ その後も話がかみ合わなかったり、探し物が多いことなどに妻が異常を感じ、かかりつけ医を通して大学病院を受診。若年性アルツハイマーと診断

米国アルツハイマー協会が提示する10のチェックリスト

アメリカのアルツハイマー協会では、認知症が疑われる症状をチェックリストとして提示しています。「もしかして…」と感じた場合は、是非判断の参考にしてください。


1.日常生活に支障をきたすほど記憶力が落ちる

例)大切な予定を覚えていない

2.計画や問題解決ができなくなる

例)月々の支払の手順がわからなくなる

3.慣れた作業も普段どおり行えない

例)いつも楽しんでいたゲームのルールを忘れる

4.時間や場所などがわからなくなり混乱する

例)日付や曜日、季節がわからない

5.視覚による判断、空間認識ができなくなる

例)距離感が判断できなかったり、色の濃淡がわからなくなる

6.話すことや書くことがうまくできなくなる

例)会話が続けられなくなる、言葉につまる

7.物を置き忘れ、そのことを思い出せない

例)いつもとは違うところにしまってしまい、探せない

8.判断力が低下する

例)勧誘の電話に大金を払う

9.仕事や社交の場・趣味を避けるようになる

例)応援していたスポーツチームに興味を失う

10.気分や人格に変化が生じる

例)落ち込んだり不安になったり、イライラする