img-001[1]
















蓮舫さん昨年はしばらく身を潜め、静かでよかったのにまたまたお騒がせブーメラン!
今回は何と立憲民主党の副代表におなりになって・・・
これで益々立憲民主党はまっとうな政党ではなくなってしまいましたね~
民主党のあら捜しの国会審議で、今日本において審議すべきものを無理に避けているとしか
思えません
まあ、元民主党の人達ですから、日本の国益などはぜんぜん考えてはいませんから
何のための与党なのか・・・
未だに女王気分なんですから!



野党再編のジャマになる蓮舫 反感買う「女性総理になりたい」の大言壮語

5/14(月) 5:58配信

デイリー新潮

野党再編のジャマになる蓮舫 反感買う「女性総理になりたい」の大言壮語

未だに女王さま気分

野党再編が始まった。民進党と希望の党が合併し、国民民主党を結成。その一方で、新党に行かない議員は、立憲民主党に合流した。しかし、その足枷(あしかせ)となっているのが、他でもない蓮舫参院議員(50)。未だに、「女性総理になりたい」と大言壮語を吐くから反感を買っているという。

二重国籍問題などを引き起こし、民進党凋落を招いた張本人。にもかかわらず、我先にと泥船から逃げ出し、蓮舫氏は昨年暮れに立憲民主党入りを果たした。

政治部記者によれば、

「現在、蓮舫さんは参院の国対委員長に起用されています。立憲民主党は昨秋の総選挙で大量当選者を出し、野党第一党に躍り出た衆院に比べると、参院は彼女を含めてわずかに7人。枝野幸男代表は、人材難で仕方なく、知名度だけは高い蓮舫さんを抜擢することにしたのです」

しかし、蓮舫氏はこれまで、代表、幹事長代行などを務めたことはあったものの、他党への根回しが必要な国対委員長という役職は初だった。

「党内では、“ガミガミ言うばかりの人で大丈夫か?”と懸念されていました。案の定、森友文書改ざん問題への対応で、民進党の国対委員長と大揉め。予算が自然成立するまで審議拒否を続けては参院の存在意義が問われるからと、民進党は審議再開に前向きになった。でも、蓮舫さんがダメ出し。そのうえ、財務省へのヒアリング日程も相談なしに決めてしまい、民進党の国対委員長から“なんで、勝手に決めているんだ!”と怒鳴りつけられる始末でした」(同)

上昇志向の塊
目立ちたがり屋で、一人相撲が得意なのは相変わらず。だから、蓮舫氏は嫌われるのだ。
3f82f3e3[1]
















元民進党所属のある参院議員が明かす。

「うちから立憲民主党に直接移るのは、日教組などの組織内候補を中心に7、8人。他に、一旦、無所属になって、地元後援会などとの調整を済ませてから移る議員が12、13人いると見られています」

だが、移籍組のなかには、蓮舫氏への嫌悪感を持つ者が少なくないという。

「蓮舫さんはずっと前から、“私は総理大臣になりたい”と吹聴していました。それが、未だに上昇志向の塊で、同じことを言い続けているから鼻につく。民進党をボロボロにしたうえ逃げていったのに、何を言っているのだと。“あの人とは一緒にやりたくない”と、反感を買っているのです」(同)

そのため、立憲民主党には入らず、無所属に留まることを検討する議員も出ているほどなのだ。

政治アナリストの伊藤惇夫氏が解説する。

「一時、勢いのあった立憲民主党ですが、森友文書改ざん問題や財務次官のセクハラ問題といった攻勢を強めるチャンスを生かせず、徐々に支持率を落としています。旧民進党の多くの議員は、蓮舫さんにトラウマを感じている。彼女がこれ以上目立つようになると、立憲民主党は党勢を拡大できず、さらなる地盤沈下は避けられないでしょうね」

もはや、疫病神扱いなのである。


蓮舫問題とは結局のところなんなのか

二重国籍の人は日本にも多数存在する。また公職選挙法も重国籍はダメ、とはしていない。

これまで、蓮舫氏は違法状態であったことは明らかだが、選挙違反には当てはまらず、
違法状態であったことで蓮舫氏が議員を失職するするものではない。
自らの国籍問題をちゃんとせずに議員を続けていた、過去、それについて曖昧な発言をしていたという点は、よろしくはないが、まあ、そういうことは、まま、ありうる、ということ。
蓮舫氏にしてみれば、日本国籍を持っていればよいので、あとは大した問題ではない、
という理解であったのだろう。(そういう認識がけしからぬ、という批判はもちろんありうるが。)

 
では、問題はないのか

問題はある。

それは、蓮舫氏の二重国籍問題が指摘された今年になってからも、
曖昧な発言を繰り返し、問題をもみ消そうとしたことだ。

国籍法違反ではないか、という指摘に対しては、国会議員としては誠実に向き合う責務がある。顧問弁護士もいるわけだから、戸籍を調べれば国籍選択がなされていないことは容易に確認できる。

そして事実を開示した上で、確認不十分や表現があいまいであったことは申し訳ないと謝罪し、改めてきちんと手続きをすればいい。
それで満足するかどうかは、有権者が判断することである。

蓮舫氏は、戸籍謄本の開示をプライバシーを理由にして拒否し、問題を見えずらくした。
一般人ならばともかく、政治家として重大な説明責任を回避したことになる。

 

政治家は、時として曖昧戦術を使うことがある。
嘘に限りなく近いことを言うこともある。誰であろうと、それは望ましくない。
もちろん嘘はいけない。
中でも蓮舫氏の曖昧戦術は、説明責任の放棄である。
政策のためではなく自らの保身のためであり、強く批判されるべきものだ。
CvS7zp3UEAE2LGk[1]













他に問題はないのか

旅券の取り扱いの問題も問われている。
蓮舫氏が台湾の旅券を更新し続けていたとすれば、
台湾国籍を保持していたことを認識していた、ということになる。

現在のところ、蓮舫氏は台湾の旅券を更新していたという証拠はない。
蓮舫氏は、「台湾のパスポートを探したら出てきた」と発言している。
更新する理由はないので、私は更新していないだろうと推測している。
戸籍(謄本・抄本など)とあわせてパスポートを公開していないことが、
いまだに「疑惑」を長続きさせている。


蓮舫氏の時系列はざっくりどういうことか

1967年 東京都で生まれる。父は台湾籍。母は日本籍。

当時の日本の国籍法では、母が日本籍では日本国籍を自動取得できない。
一方台湾籍は取得できたので、その時点の国籍は台湾籍一本。

母は日本籍なので、母は父と結婚する段階で親の戸籍から抜けて戸籍をつくった。
その際に、父(母の配偶者)は、中国籍と表示。

 

1972年 日本は、中華人民共和国(大陸)と国交樹立、中華民国(台湾)と国交断絶。
台湾の国家承認取り消し。

 

1985年 改正国籍法施行。(蓮舫氏17歳)

母が日本籍でも、出生と同時に日本国籍を取得できることになった。

その経過措置で、蓮舫氏の場合は、法務局に届け出れば、日本国籍を取得できることになった。

蓮舫氏は、父と法務局に行った、としている。
これは改正国籍法附則による国籍取得の届け出のためと推察される。

 

1990年 国籍選択の期限切れ。(蓮舫氏22歳)この時点で、国籍法上は違法状態。

 

2016年 二重国籍問題発生。

台湾当局に国籍離脱を申請し国籍離脱証明書を取得。

都内の区役所に国籍喪失届を提出しようとするが、受理を拒否される。

行政指導に従い、区役所に国籍選択宣言(&台湾籍離脱宣言)を提出。
国籍法上の違法状態を解消。





              

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【1500円Offクーポン配布中】crocs【クロックス】Swiftwater ...
価格:4298円(税込、送料無料) (2018/4/6時点)