547_1[1]
















昔ある村に、心やさしい伊助が年老いた母親と住んでいた
伊助には自分勝手で意地悪く欲深な女房がいて、いつも母親に意地悪をしていた

ある日のこと、伊助がいつものように釣りに出かけて帰ってくると
土間に置かれた小さな箱の前に嫁が立っていた
その箱には母親が入っていて、これから山に運んで焼いてしまおうというのだ
断りきれない伊助に片方の棒を担がせ、母親入りの箱を山まで運んだ嫁は
さっそく箱に火をつけようとした
伊助はすきをみて母親を箱から出し、こっそり岩かげに隠した
そうとも知らず嫁はためらうことなく箱に火を付け、さっさと伊助を引っ張って山を下りて行った



              

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

錦見鋳造 魔法のフライパン 28cm
価格:26886円(税込、送料別) (2018/3/20時点)