cats[1]
















あなたは精神的に強い方ですか、それとも弱い方ですか?
私自身を見てみると・・・
よく「強いですよね~」な~んて言われました
現役の頃
けっこう臆病者で、全然強くなんてなかったのに・・・そうみられてましたね
なんででしょう!?
子どもたちには、「ポジティブシンキングに考えよう」なんて言ってたくせに
自分はネガティブ思考だったりして
人に教えるということが自分を強くしていたのかもしれません
教師のみならず、誰かに頼られている、喜んでもらえている、人のためになっている
などの思いが自信や誇りになっているんですよね
あと、けっこう神経質の部分もあったりしますが、だらしない部分もつくって
「見て見ぬふりをしない」が私のモットーでしたが
「見て見ぬふりをする」のも時には大切かもしれません!
ただ「負けず嫌い」の性格が(今はないけど)他人には強く見えていたのかもしれません!



なるほどね!
こんな考え方や暮らし方も大切かもしれませんね!
171130_utareyowai-05[1]

















1、今の自分、現状を受け入れる

しんどくても、今の自分、現状を受け入れた上で、「どうすれば、自分が望んでいる方向に向かって進んで行けるのか?」という考え方をすれば、実際にいい方向に向かって進んで行けるようになるし、精神的に強くなれます。

2、意識的に人や物事の良い面を見る

意識的に人や物事の良い面を見るということを繰り返して、「ネガティブな考え方の癖」を、少しずつ、ポジティブなものに変えていきましょう。

3、断捨離をおこなって、身の回りの整理をする

不要なものを捨てることで、雑音が消え、自分にとって本当に大事なものだけを、しっかりと大事にするという生き方をすることが出来るようになると、確実に心が強くなります。
断捨離は、私たちのメンタルを強くしてくれます。

4、「失敗は成功の基」という考え方を、自分の中に刷り込む

失敗をすると、やっぱりダメかとか、自分は能力がないと言って、簡単に諦めてしまいがちです。

そうではなく、「失敗は成功のもと」と言う考え方を、自分の中に刷り込んでしまって、失敗した時には、無意識の内に、「(失敗は成功のもと)失敗はあって当然なんだ。この失敗から学んだことを次に活かしていけばいいだけだ」といった考え方をして、前を向いて進んで行くようになりましょう。

5、小さいことを続ける

たとえ小さなことであっても、続けるということで、自分に対して、自信や誇りを持てるようになりますし、確実に、自分のメンタルを強くしてくれます。

6、深呼吸法または瞑想を行う

ゆっくりと長く細い息を吐くことで、セロトニンという神経伝達物質が増えて、私たちの精神に、ものすごくいい影響を与えてくれます。
呼吸法や瞑想は本当に素晴らしいですし、私も毎日実践しています。

7、すぐ行動する癖をつける

すぐ行動する習慣を身につけて、肯定的なセルフイメージを強化して、精神的に強くなっていきましょう。

8、ハッピーエンドでポジティブな気分になる映画を見る 

ハッピーエンドでポジティブな気分になれる映画をたくさん観ることで、自分の潜在意識の中のポジティブなイメージをたくさん蓄積させ、そのイメージに沿ったポジティブな考え方をするようになって、精神的に強くなりましょう。

9、自分なりのストレス発散法を身に着ける

ウォーキングやストレッチなどで体を動かすことでも、カラオケや笑いヨガなどで大きな声を出すことでも、何でもいいのですが、自分がやっていて楽しいと感じるストレス発散方法を身につけて、自分の中にストレスを溜め込まないようにしましょう。

10、「べき思考」で自分を縛らない
精神的に強くなるために「べき思考」を捨てることは、必要不可欠です。
11、ネガティブな口癖をポジティブなものに変える

口癖と言うのは、自分の内面と直結しています。

 ポジティブな言葉を口癖にして、精神的に強くなっていきましょう。

12、楽しむ

楽しむことはいけないことだという間違った考えを捨てて、思い切り楽しんで、精神的に強くなりましょう。

  
これ見るとスカッとしますよ!