epilepsy-623346_1920[1]

















脳梗塞の前兆に要注意
43_01[1]









 

脳梗塞の3つの症状
「体の片側がうまく動かない」
「思うように話せない」
「見え方がおかしい」

が現れたあと、数分から数十分ほどで自然に症状が消えてしまう場合があります
場合によっては、症状が1時間以上続く場合もありますが、長くても24時間以内にすっかり消えてしまいます
これを一過性脳虚血発作(TIA)といいます
血栓が脳の血管に詰まってしまったものの、短時間のうちに血栓がとけて血流が再開するために症状が消えるのです
一過性脳虚血発作は、本格的な脳梗塞の前兆であるので、決して安心してはいけません
治療せずに放置すると3カ月以内に6人に一人が脳梗塞を発症し
その半数が48時間以内に脳梗塞を発症するというデータがあります
症状が消えたからと安心せずに早めに適切な治療を受けるようにしましょう

ためらわず救急車を呼ぶ

43_02[1]
















脳梗塞はもちろんのこと一過性脳虚血発作(TIA)の症状が現れたときは
迷わずに救急車を呼び、神経内科や脳神経外科など脳卒中の専門医がいる医療機関に
搬送してもらい、適切な診断と治療を受けましょう
夜間に軽い症状が現れているような場合、「寝れば治る」と
朝まで様子を見てしまうケースが多くあります
ためらわずに救急車を呼びましょう

では、なぜ前兆と言われているのかというと、この病気になった方のうち20%程度の方が3ヶ月以内に脳梗塞を発症し、そのうちの半数の方が48時間以内に脳梗塞を発症していると言われているのです

それでは、どんな症状に気を付けたらいいのでしょうか?

少しでもいつもと違うなと感じた時には、一時的なものだったからとそのままにするのではなく病院で診てもらいましょう!

  • 手足がしびれる、力が入らない
  • ろれつが回らない
  • 言葉が出にくくなる
  • 言っていることが理解できない
  • 視界が半分しか見えない

20150915162604[1]






















08_1[1]




















脳梗塞は予防できるのでしょうか?

脳梗塞の原因は「高血圧症」「糖尿病」「脂質異常症(高脂血症)」といった病気であるとされています
つまり、日頃の生活習慣を見直してみることが第一です
バランスのとれた食生活を送っているか、水分は十分に取れているか
毎日でなくてもウォーキングなどの運動をしているかということが重要なのです

  • 塩分の多い食事は控える
  • 甘いものを摂りすぎない
  • 水分をしっかりと摂る(1日1リットルを目安に)
  • 過度な飲酒、喫煙は控える
  • 適度な運動をする


脳梗塞という病気はどのようにして起こるのでしょうか?

脳には細い血管が多く張り巡らされています
その血管に心臓から血液が送られることで栄養や酸素をもらっています
しかし、心臓から脳にたどり着くまでの血管の中に

1.血の塊が少しずつ溜まって、血管を塞いでしまう
2.心臓で出来た血の塊が脳の血管に流れて、血管を塞いでしまう

このようなことが原因で、脳に栄養や酸素が行き渡らなくなり
脳の細胞が死んでしまうのです。これが「脳梗塞」という病気の状態です
死んでしまった脳の細胞は、二度と元の状態には戻すことはできません

また、「心臓で出来た血の塊が脳の血管に流れて血管を塞いでしまう」
ことでおこる脳梗塞は脳梗塞全体の60%を占めています

さらに、脳梗塞は季節によってもおこりやすくなります

特に夏と冬は起こりやすい時期です
夏は、汗をかくことで体が脱水状態になり血液がドロドロになりやすく
冬は知らないうちに水分が失われたり、入浴時に急に温度が変わるといった事があるためです

img04[1]













どうして脳の血管が塞がれ、脳梗塞になってしまうのでしょうか?

その原因とされている主な病気は
「高血圧症」「糖尿病」「脂質異常症(高脂血症)」
と言われていま

高血圧症

心臓は血液を送り出すためにポンプのように動いています。このポンプの力が強いと「血圧が高い」とされています。強い力でずっと血液を送り出し続けると、血管は壁が薄いのでその力に耐えらず、血管の壁を厚くして対抗しようとします。そして、壁が厚くなることで元々柔らかい血管が硬くなってしまうのです。ずっと強い圧をかけ続けることで、今度は血管自体が傷ついてしまいます。そうすると、さらに血管の壁は厚くなり、細い血管までうまく血液が運ばれなくなってしまうのです。


糖尿病

私たちの体は、食事に含まれている糖分を分解してくれています。

しかし、食べ過ぎたり、甘いものを多く食べてしまったりすると糖分の分解が追い付かなくなってしまいます。すると、血液に糖分が多く含まれてしまい血の塊が出来やすくなってしまうのです。


脂質異常症(高脂血症

コレステロールや中性脂肪という言葉を聞いたことがあると思います。

卵やバターといった食品を多く含む食事や高カロリーの食事を取り続けることによって、それらをうまく分解することが出来なくなってしまいます。そして、血液に脂質が多く含まれてしまい、血液がドロドロの状態になってしまいます。脂質は血管の内側に少しずつ溜まって血液が流れにくくなってしまうのです。