110_1[1]













昔、ある村に貧乏な男の子と病気の母親がいた
親孝行なこの男の子は、逆立ちするのが得意で、いつも逆立ちして歩いていた

明日は正月なのに、男の子の家には一粒の米も無かった
それで、いつものように親戚のおじさんの家にお金を借りに行ったが
けちんぼな権三(ごんぞう)おじさんはお金を貸してくれなかった

男の子がおじさん家から逆立ちしながら帰っていると、変な仙人が空から降りてきた
その仙人は、「履いて転べば、背が縮むかわりに小判が一枚出る」という
不思議な一本歯の高下駄を男の子に渡した
男の子は三回転んで小判を三枚出し、母親の薬と正月の餅を買い
この下駄を宝物として神棚にまつった



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【楽天ブックス限定先着特典】5th YEAR BIRTHDAY LIVE 201...
価格:27118円(税込、送料無料) (2018/3/7時点)