6b9482d9[1]
















みなさんは「ジェネリック医薬品」をご存知ですよね
私も以前はこれに変えてもらっていましたが、なんか心配なので仲良し先生に聞いてみました
まあ、医師なので「やめた方がいい」とは言いませんでしたが
肯定されなかったので・・・やめました
それなりに、認可も受け安全だということでしたけど

後発医薬品(ジェネリック医薬品)と言うことを知ってますか?

お医者さんでもらうお薬には、「先発医薬品」と「後発医薬品」の二種類があります
先発医薬品は、最初に発売されたお薬で、新薬とも呼ばれています
後発医薬品は、先発医薬品の再審査期間や特許期間(20から25年間)終了後に発売されるもので、同じ成分、同じ効き目の薬で、ジェネリック 医薬品とも呼ばれています

kouhatuiyakuhin[1]

後発医薬品は安心なのでしょうか?

後発医薬品は、先発医薬品と同様に様々な基準を守って製造されています
後発医薬品の品質・有効性・安全性については、厚生労働省で審査されております
服用にあたってご心配なことがあれば、お医者さん、薬剤師さんにご相談してみてください
14081a52[1]












後発医薬品はなぜ安いのか?

後発医薬品は、研究開発費が少なくてすむため、値段が安いことが特徴です

後発医薬品にはどんなものがあるのか?

高血圧、糖尿病、高脂血症の治療薬や抗生物質、抗がん剤、抗アレルギー剤など数多くあります
しかし、お薬の種類によっては後発医薬品がない場合もあります

後発医薬品はどうすれば処方してもらえるのか?

医療用医薬品はお医者さんの処方せんが必要です
厚生労働省では平成20年4月から、後発医薬品の使用促進を図るため、処方せんの様式を変更しました。
後発医薬品への変更が全て不可の場合は、お医者さんが、処方せんの備考欄に署名(又は記名・押印)することになりました。ここに、お医者さんの署名がない場合は、患者さんが先発医薬品、後発医薬品のどちらでも選べるようになりました。 

しかし!

ジェネリック医薬品が「安い」「同じ効果」と利点ばかりであれば
医師もすぐにジェネリック医薬品に変えているはずです
しかし、実際はそうではありません

なぜなら、ジェネリック医薬品にはそれなりの欠点が存在するからです
本当ならこの部分もマスコミは宣伝すべきなのに……

 

「ジェネリック医薬品は特許が切れた薬」
「同じ効果を得ることができる」

5a1ffcbc-s[1]













これらは一部真実であり、一部ウソです
なぜなら、ジェネリック医薬品は完全に特許が切れたわけではないからです


特許が切れたのは物質特許であり、薬の本体です
つまり、有効成分そのものです
実は、薬の特許には物質特許以外にも、例えば「製剤特許」が存在します


 sub-d9[1]

もし、製剤特許が切れていなければ、同じような添加物を加えることができません
添加物が変われば薬がどのように溶けていくか
どれくらいの速度で吸収されていくかが変わってしまいます


同様に、製剤特許が切れていなければ、同じ剤形を用いることができません
薬には錠剤、カプセル、粉状などさまざまな形があります
たとえ同じ錠剤だとしても、コーティングの仕方や内部構造などでそれぞれ異なってしまいます

 

薬の添加物や剤形が変わるとどうなるか
薬の添加物や剤形が変わると、例えば薬の溶け出す速度が変化したり
有効成分が分解されやすくなったりします

それでは、もし薬の溶け出す速度が遅かったり速かったりすればどうなるでしょうか
それは、「薬の効きすぎ」や「効果が出にくい」という結果になります

薬の効きすぎと言うことは、その分だけ副作用も出やすいということです
薬の効果が出にくいということは、薬を服用してもほとんど意味がないということです

 

※ジェネリック医薬品が薬の承認を得るためには、事前に「安定性や崩壊速度などが先発医薬品と比べて同等だ」というデータの提出は義務付けられています

 
その他の問題点
そもそも、ジェネリック医薬品の試験に「有効性の試験」は存在しても
「安全性の試験」はありません
そのため、安全性のデータが存在しません
ジェネリック医薬品は先発品と比べ、その製品に対する情報量が極端に少ないのです

しかも、有効性の試験といっても「完全に有効性が同じである」とは言い切れません
これは「統計学的に先発品と差がない」というだけです

これもまた、薬の効きすぎや薬の効果が出にくいという結果となってしまいます

胃薬や解熱薬などの薬であるなら、ある程度許容することができます
しかし、不整脈の薬や抗がん剤など命に直接関わる薬であれば大きな問題となります

 

※当然、ジェネリック医薬品でもオリジナルな医薬品と変わらないくらいすばらしいものはあります。しかし、ジェネリック医薬品にはこのようなリスクがあることを忘れないでください。

 bfac7c6f[1]














ん~安いからと安易に購入してはいけないということですかね
また、誰かからかこのジェネリック医薬品は中国や韓国で製造されていると聞いたこともあり
怖くなったこともありましたが・・・本当のところはわかりませんでした
自分で判断して購入するしかありませんね!

hqdefault[1]