01[1]















出場者がさまざまなパフォーマンスを競う米テレビの人気番組の結果発表式が
ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで開かれ
日本人のダンスパフォーマー 蛯名健一さん(39)の優勝が決まった時のものです
日本人の優勝は初めてで、なんと賞金は100万ドル(約9800万円)!!



こいつぁすっごい!アメリカNBCの人気オーディション番組「アメリカズ・ゴッド・タレント」で、日本人のダンス・パフォーマー・蛯名健一さん (39)が優勝した

この番組はあのスーザン・ボイルやポール・ポッツを見いだした英のオーディションのアメリカ版蛯名さんは2001年からニューヨークで活動していて、マイケル・ジャクソンらを輩出しているアポロシアターのコンテストで2度の年間チャンピオン(2001年、07年)になっている
しかし、5 月にこの番組予選に登場した時の審査員の反応は冷淡なものだった
蛯名さんが「ダンス風(ダンスイッシュ)」というのに、「イッシュ?」と鼻もひっかけない風だったのだ

とにかく凄い

ところが、パフォーマンスが始まるや否や、会場の空気が一変した
音楽に乗るリズム感と運動神経ととてつもない筋力の融合だ
首ががっくりと胸のあたりまで下がったり、操り人形のような動きから
何かに引っ張られるように立ち上がったときには、審査員も総立ち
司会者がカメラに向かってガッツポーズする騒ぎになった

女性審査員は「カッコいい~」と叫び
男性審査員は「君はマトリックスの映画1本を90秒ですべて出した。素晴らしい」と称賛し
軽く予選を突破してしまう
その後、映像を駆使したパフォーマンスなどを経て、ついに決勝へ
勝ち残ったのは蛯名さんとアメリカのコメディアンだったが
ここでもダンス・パフォーマンスが勝った

オーディションの応募者は7万5000人
その頂点なのだから、甲子園の30倍の難関ということになる
予選を通したパフォーマンスはYou Tubeに載せられ、1600万回という再生回数を記録した