yjimage[8]
















最近何か気持ちが落ち込んで・・・
何にもしたくなくなって・・・どうしちゃったのかな~
なんて思うことありませんか?
人は誰でも「うつ状態」になることはありますが
その状態がなかなか改善されなかったとしたら
うつの初期段階かもしれません!

bb58fa6b[1]









うつ病の患者数は近年、増加しており、およそ73万人にのぼると報告されています
別の調査では、16人に1人が、生涯にうつ病を経験しているとも推定されています
ですから、うつ病はだれにとっても身近な病気であるといえます

だれでも、いやなことや悲しいことがあると
気分が沈んだりやる気がなくなったりすることがあります
しかし、うつ病は、日常で感じる一時的な気分の落ち込みなどではありません
言葉では表現しようがないほどつらい沈んだ気分または興味喜びの喪失が
ほとんど一日中、ほぼ毎日、2週間以上続き
仕事や日常生活に支障が出てくる状態が「うつ病」なのです





うつ病の症状チェックシート


どんな病気か

私たちは、生活のなかのさまざまな出来事が原因で気持ちが落ち込んだり
憂うつな気分になったりすることがあります
しかし、数日もすると落ち込みや憂うつな気分から回復して
また元気にがんばろうと思える力をもっています

ところが時に、原因が解決しても1日中気持ちが落ち込んだままで
いつまでたっても気分が回復せず、強い憂うつ感が長く続く場合があります
このため、普段どおりの生活を送るのが難しくなったり
思い当たる原因がないのにそのような状態になったりするのが、うつ病です

                                
原因は何か

うつ病は、まだわからないことが多い病気です
脳の神経の情報を伝達する物質の量が減るなど脳の機能に異常が生じていると同時に
その人がもともともっているうつ病になりやすい性質と
ストレスや体の病気、環境の変化など
生活の中のさまざまな要因が重なって発病すると考えられています

●うつ病が起こりやすい性格

・生真面目

・几帳面

・仕事熱心

・責任感が強い

・気が弱い

・人情深く、いつも他人に気を配る

・相手の気持ちに敏感

●誘因となるストレス

うつ病は、何らかの過度なストレスが引き金になると考えられています
さまざまなストレスのうちでとくに多いのは、人間関係の変化と環境の変化です
たとえば身近な人の死や、リストラなどの悲しい出来事だけではなく
昇進や結婚、出産といった嬉しい出来事がきっかけでうつ病になることもあります

●体の病気や薬が原因となることもある

慢性の病気の場合はとくに、体の不調や痛み、社会生活の変化
経済的な負担などがストレスとなり、抑うつ症状がみられることがあります

また、薬のなかには副作用として抑うつ症状が現れるものがあります
ウイルス性肝炎の治療に使われるインターフェロン、抗がん薬、ステロイド、抗潰瘍薬などが
うつ病を引き起こすことがあります

●体の中の変化

人間の脳の中には、神経伝達物質と呼ばれる物質があり
無数の神経細胞に情報を伝達するはたらきをしています
うつ病の時は、神経伝達物質のうちの、気分や思考、意欲などを担当する
セロトニン、ノルアドレナリンの量が減っていることがわかっています

また、言語、運動、精神活動を担っている脳の前頭葉を中心に
脳の血流や代謝が低下していることもわかってきています
引きこもりの平均年齢は31歳 ※引きこもりの高年齢化進む25







症状の現れ方

うつ病の症状には精神症状と身体症状があります
また、これらの症状が、1日のなかで時間とともに変化するのも、うつ病の特徴です
多くの場合は、朝が最も悪く、夕方にかけて回復していきます

9e721173[1]














616c5d04-s[2]