7b4e7913cc844ec2c240565b1a17f2fa-2[1]
















あなたは「水」を1日にどのくらい飲んでいますか?
私はここ数年飲む努力をしているんです
そうですね~、すくなくも1ℓは飲んでいるでしょうか・・・
健康茶や水に近い飲料水は結構飲んでいますが、まだまだ量は少ないかも!
それで水分不足で、枯れてるのかな・・・
そんなに水は大切なんでしょうか?
これを見ると、水の大切さがよ~くわかりますよ!




水は最もカラダに良い飲み物

水を摂取することで、新陳代謝が良くなり老廃物が排出されやすくなります

細胞にも水が行き渡り、肌がみずみずしくなる。便秘が治り、イライラしなくなる

水を飲むことで得られる効果を上げたらキリがありません

『最もカラダに良い飲み物』として水を紹介している専門家も多くいます

水を飲むと良いことばかり!

「沢山の水を飲め!」は間違いではありません

やみくもに飲むのは逆効果

水は、「飲めば良い」というわけではありません
適当に飲んでも効果が薄れるどころか逆効果になります

1回に大量の水を飲むと体内で蓄えることができず尿として排泄されますが、取りすぎた余分な水分は体を冷やす原因となり体内の血流を悪くするのです

むくみ、頭痛、肌トラブル、肩こりなどを引き起こしてしまいます

水毒について

水毒』という言葉が存在します

「体に水分がたまり、排出されないことで起こる様々な症状」のことです

冷え、めまい、頭痛、アトピー、鼻炎、ぜんそく、むくみなど、水を多めに摂ることでこれらの症状が出ている場合は、水毒を疑ってもいいでしょう

1度に大量の水を摂取することは本当に危険な行為です

正しい水の飲み方

人間の1日の水分排出量は2〜3リットルです
重要なのは、出した分だけしっかり飲むということ

人は食事からも水分をとっていますが、1日約1.5リットルは直接飲むことで摂取する必要があります

この1.5リットルをどうやって飲むか?

コップ1杯程度(150〜250ml)を6〜8回に分けて飲むことがベストです

250ml程度であれば内臓に負担をかけずに摂ることができます

「1.5リットルなんて多すぎ!」と感じる方も、飲むタイミングを小まめに分け、習慣化してしまえば難しいことはありません

水を飲むタイミング

このタイミングで必ず水を飲みなさい!というポイントを紹介します

これを踏まえて、自分の生活リズムと相談しながら1日に6〜8回の給水ポイントを作りましょう

★朝起きた時

寝ている間に大量の水分を失っています
水分不足な朝一番に水分補給することが重要です。

モデルなど美意識の高い方々は必ず実践しています

★運動した後

激しい運動でなくとも、徒歩で会社に向かった後、家の掃除をした後などに必ず1杯の水を飲みましょう

★食事(朝・昼・晩)

食事中にもコップ一杯分だけ水を飲みます
それ以上は胃液が薄まり消化の妨げになってしまうので注意が必要です

★入浴前後

入浴中は大量の汗をかきます
湯船から出た直後の水分補給は必ずしてください

入浴中に水を飲むことで、発汗を促すこともできます

★就寝前

寝ている間は水分を摂ることができず、水分は失われていく一方です
必ず1杯の水を飲んでから就寝しましょう

これらに加えて、常温以上の水を飲むことも徹底してください
冷たすぎる水は体を必要以上に冷やす原因です

正しい飲み方でキチンと水分摂取すれば、良い影響が必ず起こります

良い水を飲むことも重要ですが水道水に不安のある地域も多くあります

市販の水を購入することはもちろん、ウォーターサーバーを設置している家庭も増えてきました
美味しくて安全な天然水を手軽に飲むことができるウォーターサーバーは、設置にほとんどお金がかかりません

正しい飲み方だけでなく、水の種類にもこだわるのも良いかもしれません

水の効果効能
★希釈効果

水は毒物を薄める希釈剤として有効です。誤って薬や毒物などを飲んでしまった場合、水をゆっくり飲むことが進められます。胃酸過多の場合も水をゆっくりたくさん飲むことで、体内の酸を薄めることができます。


★解毒効果

二日酔いの時には水を多く飲みます。これは、アルコールからできる有害成分アセトアルデヒドを、水が分解し消化するためです。


★吐剤としての効果

腐ったものや毒性のある物を誤って体内に入れてしまった場合、水を大量に飲んで吐くのがもっとも体に負担の少ない対処法になります。


★利尿効果
水を飲んでしばらくすると尿意をもよおします。排尿の際に体内の老廃物も排せつされます、水は体内の組織を健全に保つ利尿剤として働きます。


★下剤効果

便を定期的に排便することで体内の組織を健全に保ちます。一般に、便秘の要因の一つに水分不足が挙げられますが、水をきちんと飲むことで腸の働きを活発にし、排便を促進することが可能です。


★鎮静効果

ショック状態にある人に水を飲ませることで、脳に集まった血液を胃腸へと導き、精神状態を鎮静化する効果があります。


★興奮効果

水は興奮剤にもなります。寝起きにすぐ冷たい水を飲むことで、からだがすっきりと目覚たという体験をした事がある人も多いのではないでしょうか。これは冷たい水が消化器を刺激し、気分に軽い興奮状態を与えるためです。


★発汗効果

暑いときは汗をかくことで体温を調節します。水を体内に取り入れることで、発汗作用と同様に体温を調整します。


★解熱効果

水を体内に取り入れることで、物質代謝を促進させます。これにより体内にある発熱の原因となっている部分を一時的に軽減させる効果があります。


★睡眠効果

お腹が空いて「眠りに落ちにくい時」にコップ一杯の水を飲むと、脳へ上がった血液を腹部に引き下げることで、心地良い睡眠を取る事ができます。

水 肌 効果[1]













水の効果、効能

普段、何も気にしないで選んでいる水ですが、水を効果的に摂取するためには、水の種類による『効果・効能』等を知っておいた方が効果的に摂取する事が出来ます。


水は大きく分けて9種類に分類できます


  • アルカリイオン水
  • バナジウム水
  • 水素水
  • 還元水
  • 温泉水
  • 海洋深層水
  • 炭酸水
  • 蒸溜水
  • シリカ水

アルカリイオン水
疲労回復・胃酸過多の改善・下痢改善・アトピー性皮膚炎の改善・便秘改善・高血圧予防・老化予防・美容効果


バナジウム水
糖尿病予防効果(血糖値降下作用)・コレステロール値の改善・体の毒素を排泄するデトックス効果・脂肪燃焼促進・美容効果・熱中症予防等


水素水
酸化還元効果・アンチエイジング効果(抗加齢療法や、抗老化療法)・体の毒素を排泄するデトックス効果・ダイエット効果・美容効果・体質改善等


還元水
胃腸改善効果・酸化還元効果・糖尿病予防・便秘改善・下痢改善等


温泉水
美容効果(美肌)・整腸作用・便秘改善・生活習慣病予防・高血圧改善・免疫アップ・イライラ緩和等


海洋深層水
アトピー性皮膚炎・肝機能改善効果・脂質代謝改善・血流改善・白内障発症遅延・エコノミークラス症候群の予防・骨密度減少予防・リウマチ予防・ピロリ菌の増殖予防・便秘体質改善予防・口内免疫アップ・高血圧予防・ガン細胞の増殖予防等


炭酸水
疲労回復・ストレス緩和・胃腸改善効果・便秘改善・ダイエット効果・美容効果・血行促進効果・肩こり解消等


蒸溜水
強力なデトックス効果・美容効果・アンチエイジング等


シリカ水
「美」に特化した水・美肌・骨粗しょう症・関節の痛み・免疫力の低下・うつ対策