この話は、江戸時代にある堀で起きた話のようです!
アニメでは遊び人を真面目に働かせるために・・・
というような内容ですが、実際にあった話とはおどろきですね!



江戸の怪談話「おいてけ堀」
江戸時代の頃の本所付近は水路が多く、魚がよく釣れた。ある日仲の良い町人たちが錦糸町あたりの堀で釣り糸を垂れたところ、非常によく釣れた。夕暮れになり気を良くして帰ろうとすると、堀の中から「置いていけ」という恐ろしい声がしたので、恐怖に駆られて逃げ帰った。家に着いて恐る恐る魚籠を覗くと、あれほど釣れた魚が一匹も入っていなかった。
Wikipediaより)

怪談や落語の演目として語られる、江戸のミステリースポット「おいてけ堀」。現在は墨田区本所を舞台とした「本所七不思議」のひとつとして語られる場所です
d658b457[1]






















錦糸町南口の「錦糸堀公園」には、おいてけ堀・カッパ像が設置されています。
(なお、怪談「おいてけ堀」においては「(魚を)置いて行け」との怪しい声の主はカッパとする説が有力とされている。その他諸説あり)

実在した江戸時代のミステリースポット。そっか、本所七不思議だから、墨田区にあったのか……と思うでしょ? 実は墨田区のお隣・江東区にも「おいてけ堀跡地」があるんですよ!



フヤナと宇宙人の大冒険1 Kindle版
商品紹介
一人の青年フヤナが宇宙へ旅立ち、様々な種族の宇宙人たちと繰り広げる愛と友情溢れるノンフィクション体験記。宇宙人の真の姿や、宇宙と地球の真実をありのままに伝える人気ブログ「坂本廣志と多くの宇宙人たちとの交流体験」が新しく生まれ変わり待望のシリーズ第1巻として登場!
新たなる旋風を巻き起こし、世界を圧巻させるセンセーショナルでスリル満点の摩訶不思議な宇宙冒険に、あなたはついて来られるか!?
1950年4月17日、場所は兵庫県神戸市。私が4歳の時、自宅近くの焼け跡で一人で遊んでいると、空から円盤に乗った綺麗な宇宙人が突如現れて、私をさらっていった。その後、天女様、鳥類系宇宙人と出会い、楽しい時間を過ごしていくが、11歳の時に侵された末期がんを純血種ブルーの宇宙人に木星で治療してもらったことをきっかけに、宇宙での大冒険が始まる。その先に待ち受けていたものとは・・・。地球とフヤナの運命は如何になるのか・・・。