「死神に憑りつかれた~」なんて言葉を聞いたことありますか?
魔物に憑りつかれるなんておっそろしい話です!
どのような状態になるのか、想像もつきませんが・・・
きっと死にたくなるんでしょうか!
地球なんでも鑑定団の除霊の仕方」にもありましたが
悪霊が憑かないように、前もってやっておくことも必要ですね!
恐ろしや恐ろしや・・・



死神とは何?

人を死に誘う神、または人に死ぬ気をおこさせる神をいう。死神ということは近世になって歌舞伎(かぶき)芝居や花街の巷(ちまた)などで多く口にされるようになった。近松門左衛門の浄瑠璃(じょうるり)『心中天網島(てんのあみじま)』に「死神憑(つ)いた耳へは、意見も道理も入るまじ」とあり、同じく『心中刃(やいば)は氷の朔日(ついたち)』に「同じくは今こゝでちっとも早うと、死神の誘ふ命のはかなさよ」とある。また三好想山(みよししょうざん)の『想山著聞奇集』に「死に神の付たると云(い)ふは嘘(うそ)とも云難き事」という一節があり、ある女郎に死神が取り憑き客の男と心中を遂げたことが記してある。
 現代においても死神ということは各地でいわれている。彼岸の墓参りは普通、入りの日か中日にするが、岡山県下ではアケの日をサメともいって、この日に参ると死神に取り憑かれるという。また入りの日に参ればアケの日にも参らねばいけない、片参(かたまい)りをすると死神が取り憑くという。静岡県浜松地方では、山や海、または鉄道で人が死んだあとへ行くと死神が取り憑くという。そういう所で死んだ人には死番(しにばん)というものがあり、次の死者が出ない限り、いくら供養されても浮かばれないので、あとからくる人を招くのだという。死神の背景には、祀(まつ)り手のない死者の亡霊が仲間を求めて人を誘うという考え方があったと思われる

ちなみに「幽霊に取りつかれない方法」があるそうですよ!



フヤナと宇宙人の大冒険1 Kindle版
商品紹介
一人の青年フヤナが宇宙へ旅立ち、様々な種族の宇宙人たちと繰り広げる愛と友情溢れるノンフィクション体験記。宇宙人の真の姿や、宇宙と地球の真実をありのままに伝える人気ブログ「坂本廣志と多くの宇宙人たちとの交流体験」が新しく生まれ変わり待望のシリーズ第1巻として登場!
新たなる旋風を巻き起こし、世界を圧巻させるセンセーショナルでスリル満点の摩訶不思議な宇宙冒険に、あなたはついて来られるか!?
1950年4月17日、場所は兵庫県神戸市。私が4歳の時、自宅近くの焼け跡で一人で遊んでいると、空から円盤に乗った綺麗な宇宙人が突如現れて、私をさらっていった。その後、天女様、鳥類系宇宙人と出会い、楽しい時間を過ごしていくが、11歳の時に侵された末期がんを純血種ブルーの宇宙人に木星で治療してもらったことをきっかけに、宇宙での大冒険が始まる。その先に待ち受けていたものとは・・・。地球とフヤナの運命は如何になるのか・・・。