hqdefault4563







[薬]なんて飲んだことない!

いう人は素晴らしい、うらやましい!
治癒力が強くて、薬なしで回復するなんて・・・私も若い時はありました!
風邪ひいても、運動すると治ったり、ケガしてもほっとけば治っていたりとか
薬は最終手段だけど、痛みに耐えられないとついつい飲んでしまうね!

むか~し、インフルエンザにかかったけれど、ただの風邪だと思い病院に行かなかったのね
そしたら3,4日熱が引かず、結局10日間も具合が悪かった!
おまけに、熱が続いたもので舌をやられて「味覚」まるっきりNo!
いや~、踏んだり蹴ったりで・・・病院に行ってタミフル飲めば1,2日で治ったのに!
インフルやノロには治癒力、体力があっても勝てませんね~
やっぱり「薬」か!




★要注意・麻薬の危険性がある薬
今年3月、厚生労働省研究班の調査により、ADHD(注意欠如・多動性障害)などと診断された子どもに対して、本来大人用の向精神薬を処方する例が02年頃から急増する傾向にあることが判明しました
厚労省は「子どもを対象に効果や安全性を確かめる治験を進めるべきだ」と言っているようですが、すぐにでも全面禁止すべきです
そもそも向精神薬は刺激剤系と鎮静剤系に大別されますが
刺激剤系はコカインのほか覚醒剤に指定されているアンフェタミンやメタンフェタミン鎮痛剤系はヘロインやアヘン、モルヒネといったオビオイド系
の薬物が含まれています
これらがセロトニンの取り込みを阻害したり、ドーパミンを刺激したり、ノルアドレナリンを抑制したりするメカニズムで、服用した人の気分がハイになったり、トロ~ンとしたりする
つまり覚醒剤や麻薬に似ているどころの話ではなく、成分の面でも作用の面でもほとんど同じものなのです!

★医師たちが健康のために食べるもの

1位 トマト

2位 ヨーグルト

3位 納豆

4位 ブロッコリー

5位 リンゴ

6位 青魚

7位 しいたけ

8位 大豆

9位 海苔

10位 ワカメ

○●○●○●○●○奇跡の野菜トマト○●○●○●○●○
トマトはビタミン・ミネラルがバランスよく含まれている
また、リコピンが豊富に含まれており身体に良いことは知られている
このリコピンが他を圧倒する抗酸化作用があることが分かってきた
強力な抗酸化作用で「ガン予防」「老化予防」に最も効果の高い野菜であり
血液サラサラにする力が強く「動脈硬化」「高血圧予防」にも効果がある
更に、クエン酸、リンゴ酸は「食欲増進」「疲労回復」「夏バテ」「風邪」に最適
そのほかビタミンPやビオチンで「美肌効果」「ダイエット」など女性の味方でもある!
image_20537[1]
トマトの薬効を効果的に得る方法
トマトはもはや食材と言うよりも「薬」であるといっていい
なのであえて「薬効」と表現したい
リコピンは完熟して真っ赤な方が効果がアップする
つまり、トマトは熟していればいるほど効果が高いのだ


もし青いトマトだったら赤くなるまで、常温で追熟させるとよいだろう
簡単に摂取するには、作るのに完熟トマトを使っているトマトジュースがオススメだ

 1日のリコピン摂取の目安は15mg

大きめのトマトで2個。ミニトマトで17個。トマトジュース1本分。ケチャップで大匙4杯くらい。

医者は隠れてこそこそと、毎日トマトを食べてるんだ。ちくしょう、騙された!

わたしたちも毎日のトマトで老化を防いで健康になろうではないか!