生徒指導担当をしていた時
こんな話を子どもや親にしたことがあります

大人が、子どもに知らぬ間に限界を作っていないか・・
子どもが「自分はこんなものだ」と勝手に限界を作っていないか・・・

10代の子どもたちはまだまだ未知の世界があり
知らない自分を発見する時が必ず来る!
それまで決めつけてはいけない!って


【跳べなくなったノミの話】
o0400040012306497996[1]
ノミのジャンプ力はなんと30cm!
驚異的です!
このノミを高さが10㎝程の箱に入れると
箱の天井に体をぶつけながらもジャンプし続けます
しかし、時間が経つと
体をぶつけないように天井すれすれの所にジャンプするのです
知能の低い虫ではありますが
天井にぶつかり、痛さを知ったのでしょう


次に、箱から出し元の場所に戻しました
さてノミはどうなったかというと
天井がないにもかかわらず
元の高さ、そう30cmを跳ぶことができなくなってしまったのです

それは、飛ぶ力が無くなったのではなく
小さな箱に閉じ込められたことで
自分は高く飛ぶことができない!
と、間違った思い込みを作ってしまったことが原因です


幼いころの教育やしつけが大事です!
中学校ではこの基盤ができていての教育ですから
間違えた思い込みを持った子どもの殻を外し
外に出すのは容易なことではありません!
でも、日々先生方は奮闘しています!
応援してあげてくださいね!
クレームなんて言ったらいけません!
私はよく思ってました
中学校で、トイレの使い方やシャツの着方などなど教えるの?かって
あげくの果てに風呂入れて朝ごはん食べさせて、洗濯まで・・・
ここは「学校」です!


ではこの辺で バイバイ!
プチ、プチッとおねがい申す