むか~し生徒指導担当をしていた頃
「たより」で「むごい教育」という内容を出したことがあります
そのたよりへの感想を保護者に求めたところ
多くの方から賛同を得ました!
それらを読んでいると
自分の子どもに対してしっかりとした子育て目標を持ち
甘やかさず、愛情を注いでいる方々だと感じましたね!


「むごい教育」の内容を簡単に説明しましょう

a13967-0[1]今川義元が竹千代(家康の子どもの頃の名前)を人質としていた頃
家来に「竹千代にはむごいしつけをしているだろうな!」と聞きました
家来は「朝は早くおこし重労働をさせ、飯もろくなものは食わせず・・・」
義元は「バカモノ!それでは体力はつき、知恵もつく、さらに恨みまでも・・・」
と言って家来を怒りました!
「人質なのでいずれ返すのだ。反抗心を持たせてはならん。うまいものを食わせ,遊ばせ、したくないことはさせず、自由にさせるのだ」
分かりますか?

「むごい」とは厳しくすることではないんです
・‥…━━━逆!!

規制も労働も学習もなければ目標もなくなりますね
目標がなければ努力もしない
つまり自立なきダメ当主になっていく
そうすれば、自分が襲われることもなく、反対に簡単に戦いに勝てるわけ

学校では
忘れ物をして親に「もってきて~」と電話➤すぐ届けてくれる
雨が降れば「傘がない」➤迎えに来てくれる
寝坊して遅刻しそう➤送ってきてくれる
規則違反でも➤親が電話で文句言ってくれる


20091011_847612[1]最近は子どもが殿様!
今はいいですよ・・・今はね

子どもの能力をどれだけ奪っているか!
★必要な情報を集め、自分で判断する力
★できることは自分でやる生活習慣
★失敗を生かす工夫




この「転ばぬ先の杖」は親にとどまらず
教師にも言えますね
困ったときにどのように判断し、行動したらいいのかを教えましょう!

簡単に答えを出してあげちゃだめだよ!

「1000ホームガーデン」にはもっと詳しくあるよ!

ではこの辺で バイバイ!
プチ、プチッとおねがい申す
ダイエット