昨日の土曜日、バドミントンの指導に行きました!
毎週これが楽しみで、ワクワクしながら出かけます。
昨日はそれ以外でも、サプライズがありました!

yjimage6G8FXIZ7今から9年ほど前に勤めていた学校の「陸上部の子」が訪ねてきてくれました。
彼は今22歳になりまして、今年「中学校の理科の先生」になりました!
中学生の頃を思い出すと、あの頃から気の利いた子どもでしたね。
先生になったと聞いたときは、なるほど・・・いいかもしれないな~と感じたものです。
保健の授業でも彼の話はよくしましたが、こんな生徒でしたね。
陸上部の仲間からはよく「お前世話やきすぎだ」とか「気が利くね~」とか・・・
男の子の割にはとても気が利いて、後輩からも慕われてたし、教師に対しても正論勝負したり、けどマナーはしっかりしていたりなど・・しっかり者!



yjimageYI9MB9NB
ある冬の雨の日、室内トレーニング中の出来事
バックスキップをしていた私は突然何かにぶつかり、転倒した!
右足首損傷!
めっちゃイタイイタイ!・・・けど子どもたちがいっぱいいるし、泣き叫べない~
その時,何かが動いた!!
「○○は氷」「××はバケツに水」「そこの救急箱取って」「ジャージを先生の頭に敷いて」
シューズを優しくそれも早く脱がせ、靴下も・・・


「先生のタイツ切りますよ」(冬なんでタイツはいてました~)
なんと手際のいいこと
私は痛いやら、子どもにさせて、ばつが悪いやら・・・なんか余計に具合が悪くなっちゃって・・
それでもおかげさまで、救急処置のおかげでなんとかなりましたよ
まあ、私の指導がいい!(^^)!とはいえ、ここまでできる子どもはバレー部でもいなかったな~
人間、非常事態によくわかるっていうじゃない!アハハ
翌日ね部員にお礼とイヤミ?を言ったんだー
「昨日はお騒がせして悪かったね。しかし・・・お前たちって(数人の3年男子)見てただけだったよね~」
彼らは言いました「いや~○○君の邪魔をしないように遠くから見守っていました!」
「先生の苦しむ姿を見ていられず、おろおろしてました」
な~に言ってるか!
私は、ちゃ~んと観察してました!私が苦しんでる時のキミらの様子を!フフフ・・・

それ以来、彼は私の右腕となり、仲間からの信頼を受け陸上部や学校を支えました!
だから、教師になったというか、こういう人が教師になるって、嬉しい事なんです!!

彼は部活の様子をしばらく見て、帰り際に3年生の男子のなにかつぶやいていました。
きっと良いアドバイスをくれたのでしょう!
何をアドバイスしてくれたのか、3年生に聞くと
「先生が言った事よりも、上のことをやる」
「先生の行動をしっかり見てる。目を見るように」
なんだって!
yjimageCP2UKXIY

さすがです!
あと私には「先生のお元気な姿が見れて、嬉しいかったです」
まだ私のことを気遣ってくれるなんて・・・リタイヤしても嬉しいです
22歳でこれだけのことを言えるなんて
今時いませんよね!
初任者なので過重労働しているんじゃないかと思うけど
時には「適当」にやることも必要ですよ!
またどこかで会いたいです!
今日は中学生にも会えたし、卒業生にも会えたし
幸せもらった日でした


ではこの辺で バイバイ!
プチ、プチッとおねがい申す