00[1]
















あなたは身長の事で悩んだことや悩んでいることはありませんか?
私は子どもの頃は大きかったんですよ!
昭和30年代生まれで、小学6年生で160㎝だったのね
今ではそれほど驚かないけど、その当時はデカい女子だったんです(-ε-)ブーブー
小学生の頃は男子より大きくて嫌だったのですが、高校生になるともっと大きくなりたくて・・・
しかし、身長は小学生で止まっちゃって(ノд・。) グスン
170cm位は欲しかったな~
今の人は大きい人が多いけれど、小柄な人もいますよね
女子なら「可愛くっていいね」って言われるけれど、男子はけっこう気にしますよね!
デカけりゃいいってもんじゃないとは言うけれど、男子にすると身長は欲しいみたいね!
男子は20歳頃までは伸びるようだけど、中学で伸びなかった人は高校で何とかデカくなりたいよね!
どうしたら身長が少しでも伸びるのか!
私なんて、今・・・縮んでるもの(゚ロ゚;)エェッ!?



残念ながら、「これを食べたら背が伸びる!」という魔法のような食べ物はありません。

特に成長期は、生涯においても身長や骨格筋が大きく増える時期でもありますが、その時期を把握し、その成長期に伴いエネルギー摂取量を増やしたり、バランスの良い食事を心がけ、同時に運動と睡眠のサイクルをリズムよくつくることができれば、理想的かと思います。


エネルギー摂取量だけではなく、カルシウムも重要!という認識で、牛乳を多飲しているという話も聴くことがありますが、カルシウムは1回の摂取量から吸収される量も限られており、牛乳だけを1度にたくさん飲むのではなく、1日を通して、他の乳製品や緑黄色野菜、小魚など様々なカルシウム源となるものを万遍なく摂るように心がけることが大切なポイントです。

※高2高3で身長が伸びない原因としては「成長ホルモンの分泌不足」です
カルシウム不足なのではありません
成長ホルモンを多く出すためには
・入眠時間を守る
・しっかり睡眠する
・成長ホルモンを分泌する食べ物をとる

★意識したい食事・睡眠・運動

健康的に成長を促す食事とは?

健康的な成長を促すために必要な栄養素の一つにタンパク質があります

タンパク質は、筋肉の成長には不可欠な栄養素です。また、筋肉は骨とくっついている骨格筋が多くの割合を占めるため、骨と一緒に成長が伴うことが理想的であると考えられます。成長に伴ってタンパク質の必要量も増えるため、自分の身長や体重の変化を確認しながら、それに合わせてタンパク質を摂ることを意識しましょう。
骨と密接な関係を持つ栄養素としては、やはりカルシウムがあげられます。

カルシウムは骨の約60%を占め、骨の健康に重要な成分の一つですが、先述したとおり、1回でたくさん食べたとしても、吸収される量は限られています。その吸収を助けるために、カルシウムと一緒に摂りたい栄養素が、ビタミンDとビタミンKです。主に大豆製品や魚介類、きのこ、たまご、緑黄色野菜などに含まれており、骨形成に必要な栄養素でもあります。
栄養素は単体ではなくチームワークで働くので色々な栄養素をバランス良く摂ることを意識するように心がけましょう。

また、高2・高3でも身長を伸ばす栄養素は『アルギニン』です。

アルギニンが直接身長を伸ばすわけではなく、成長ホルモンの分泌を促す効果がある為、結果として身長が伸びるということになります。

アルギニンは食べ物でも摂取できます。
オススメは

・鶏むね肉
・アジ
・高野豆腐

睡 眠

睡眠時に分泌される成長ホルモンは骨の成長にも大きな影響を与えると考えられています。

成長ホルモンは寝入った直後(深い眠りに入った時)に分泌のピークがあるといわれています。

タンパク質をつくるアミノ酸の一つにトリプトファンがありますが、このトリプトファンと入眠の関係性を研究している報告も多々あります。睡眠に関連する食品の研究は、現在も非常に多く進んでいますが、

まずは起床時間や睡眠時間、食事の時間などの生活リズムを規則正しく整えて、ぐっすりと眠れる習慣をつくっていきましょう。
成長ホルモンを多く出すのに時間帯があり、22時〜2時まで成長ホルモンが多く分泌されます。

その為、高2・高3でも身長を伸ばしたいなら、遅くても24時には布団の中に入り睡眠している状態が望ましいです。
高2・高3でも身長を伸ばす方法としては、睡眠時間もとっても大切です。

こちらももちろん成長ホルモンが関係しています。


睡眠時間が少ないと成長ホルモンの分泌が下がります。

その為、身長が伸びない、伸びにくいという原因になります。

成長ホルモンを多く分泌させる為にも6時間は睡眠をとるようにしてください

骨の健康と運動

若い頃の運動経験は、年をとってからの骨密度にも影響するともいわれており、学生時代に運動部に入っていた方は少しだけアドバンテージがあるかもしれません。

しかし、何歳になっても自分に合った運動をすることでからだに良い影響を与えることはできますので、運動を始めることに遅いということはありません。やろう!と思ったら、是非習慣を作ってみてください。ウォーキングなどの強度の低い運動でも構いませんので、激しい運動にこだわらず、自分に合った内容を選んでみましょう。

 運動後のプロテインと聴くと、“タンパク質”というイメージが強いかと思いますが、

実はプロテインにはカルシウムやビタミンDが添加されているものもあります。成長期のお子さんや骨の健康を意識されている人は、プロテインの中でも、そのような栄養素が含まれているものを選ぶと良いのではないでしょうか。

 
プロテインを飲むと身長が伸びなくなる?

プロテインに含まれる栄養素は主にタンパク質です。

タンパク質を必要量以上に摂ることは気を付ける必要がありますが、プロテインを飲むことによって身長が伸びなくなるという直接的な原因になるとは断言できないのではないでしょうか

なぜなら、先述したとおり骨格筋の成長のためには、カルシウムやビタミンD,ビタミンK、そしてタンパク質が欠かせない栄養素だからです。

プロテインも成長を考えて作られた食品ですので、是非その中身をよく理解して、ご自身の目的に合ったものを選んでいただければ良いのではないでしょうか


   


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フューチャー 19.3 NETFIT TT/ターフトレーニング
価格:4860円(税込、送料別) (2019/8/31時点)