3[1]

















ここ数年、なんか髪の毛に異変が・・・
女性も髪の毛が薄くなるんですね~
まったくやんなっちゃう!!
年齢ばかりとは言えないし、シャンプーが悪いのか食べ物なのか...
ん~!どうしたらいいんでしょうか
女性ホルモンはこの年ですし、けっこう減っているとは思いますが
男性ホルモンに関係があるのでしょうか⁉

男性も女性も「男性ホルモン」を持っています

男性ホルモンとは体にとって必要不可欠なステロイドホルモンの総称のことなんですね

男性ホルモンは髭(ひげ)や体毛の成長を促進するだけでなく

頭皮の毛根にある毛母細胞を萎縮させたり、頭皮の油の分泌を促すといった働きもします

そのため、頭皮のケアの仕方が悪いと髪の毛の成長を妨げます

男性ホルモンの分泌量は遺伝による影響が大きく対策が難しいので

しっかりと頭皮のケアをすることが重要になります

 
★改善が可能な原因

精神的ストレス

ストレスが溜まると自律神経やホルモンバランスが乱されてしまいます。
そのため、血流が悪くなって十分な栄養を毛根まで運べなくなってしまいます。

 
栄養バランスの偏った食事

栄養バランスの偏った食生活やダイエットのための過度な食事制限は、
髪の毛を作るために必要な栄養素が不足して髪の毛が成長できなくなります。
例えば、コンビニのご飯やファストフード、揚げ物などの脂っこいものを食べ過ぎると、
脂質やコレステロール、動物性脂肪の過剰摂取になってしまいます。
すると、血液の流れが悪くなって髪の毛に栄養が届かなくなったり、頭皮の皮脂の分泌量が
増加して毛穴が塞がれてしまい、髪の成長の妨げになってしまうのです。

 
睡眠不足

髪の毛を育てる成長ホルモンは深夜22時~2時のゴールデンタイムに多く分泌されます。
そのため、この時間に就寝していないと体がリラックスできず、髪の毛の成長を妨げてしまいます。
睡眠時間の不足や不規則な生活も、ホルモンバランスに悪影響を及ぼすのです。


喫煙

たばこに含まれているニコチンによって血管の収縮や髪の毛に必要な栄養が分解されてしま
い、髪の毛に栄養が届かなくなります。
その結果、髪の毛が栄養不足の状態になってしまうのです。

 
頭皮のケア不足

正しい頭皮のケアをしないと髪の毛根に皮脂やあぶら汚れが溜まり、炎症、湿疹、かゆみ、キズ、フケ、臭い、乾燥などの症状が現れます。

毎日の頭皮ケアにあたる「シャンプーによる頭皮の洗浄」が極めて重要になります。
しかし、一般的に市販されているシャンプーには「シリコン」成分が含まれており、髪の毛を綺麗にコーティングしてくれる効果はありますが、
さらに頭皮にある「髪の毛の毛穴」まで塞いでしまう作用があり、頭皮の事をあまり考慮してくれていません。

★ハゲや薄毛の対策とは

遺伝や男性ホルモンの分泌量は努力ではどうにもなりませんが、
生活習慣を改善する事でその
マイナス面をカバーして確実に髪の毛の寿命を伸ばすことができます。


①ストレスを発散する

体を動かして気分転換する

ずっと同じ姿勢でいると体にストレスが溜まります。
体を動かす事で落ち込んでいた気分をリセットできるので、深呼吸やストレッチなどで気分転換をして、体の緊張を和らげます。
特に有酸素運動は脳が刺激され、ストレスだけでなく心身共に元気になります。


※運動不足

食事から栄養素をとったとしても血流が悪ければ、身体の隅々まで行きわたりません。

血液から酸素や栄養素が髪に運ばれてくるのですが、当然血流が悪ければ髪までは届きません。

また、生命維持の関係で髪に栄養が行くのは後回しになります。

僕たちの身体は、生命維持に重要な臓器から優先的に栄養が行きわたる構造になっています。

なので、適度な運動は髪の成長にとっては必要不可欠です。

運動不足も若ハゲの原因になります。

日ごろ部活や運動する習慣があるのならいいですが、無い人は運動もするようにしましょう。


趣味に没頭する

趣味と呼ぶほどのことじゃなくてもいいんです。
テレビや映画、読書でも没頭できるものなら何でもいいです。
何かに集中してストレス要因からいったん距離を置くことで前とは違った視点で物事を見ることができるようになります。


気の合う仲間と過ごす

自分が信頼できる、気の合う仲間と過ごす時間はストレスを解消してくれます。
一人でいないことで安心感が生まれてリラックスすることができます。
仲間にストレスの原因を相談する事で気分が晴れたり、アドバイスをもらえるかもしれません。


湯船に浸かる

お風呂に入る時にシャワーだけで済ませず、40℃前後の湯船につかりましょう。
湯船につかることで血行が良くなり、体や心の疲労回復や緊張をほぐしてくれます。
すると、副交感神経が優位になりリラックスすることができます。
また、入浴剤やアロマオイルを入れて香りを楽しんでみると、よりリラックス効果が得られます


②食生活を見直す

食事は髪の毛の主成分となるタンパク質や、髪の毛の生成を手伝う亜鉛、ビタミンを摂取するのが理想的ですが、これらの栄養素だけを摂取していれば良いというわけではありません。

栄養バランスの良い食事の中に、これらの栄養素を取り入れる事が重要になります。

 

意識して摂取したい栄養素一覧

必要な栄養素効果
たんぱく質髪の毛の主成分
ビタミンたんぱく質の吸収を促進
亜鉛抜け毛の進行を防ぐ
ミネラル・鉄分血中のヘモグロビンを強化
大豆イソフラボン男性ホルモンの分泌量を抑える
カテキン血圧の上昇を抑える

どの栄養素も重要ですが極端な過剰摂取は体によくありません。

栄養バランスのとれた食事が重要になります。

亜鉛や鉄分は食事では摂取のしにくい栄養素なのでサプリメントで摂取する場合は過剰摂取に気を付けて下さい。


③正しい睡眠をする

睡眠は充分な時間と質の向上によってホルモンバランスを整えてくれます。
睡眠中は「眠りの深いノンレム睡眠」「眠りの浅いレム睡眠」が繰り返し行われています。

その周期は90分です。
初めに眠りの深いノンレム睡眠から始まるので、90分間隔で眠りが一番浅くなり、そのタイミングで起きると目覚めがよくなります。

さまざまな調査によって大人の最適な睡眠時間は7時間前後だと言われているので、

90分×4周期=360分=6.0時間
90分×5周期=450分=7.5時間

6.0時間~7.5時間の睡眠時間は確保したいものです。
また、寝る前のカフェインの摂取や喫煙、テレビやスマホを見る行為は、交感神経を刺激してしまい、睡眠の質を下げてしまうので注意が必要です。
脳にとって何も考えずに休める、睡眠時間は大切です。


④禁煙する

煙草を吸っている人は、我慢がストレスにならない程度に少しずつ吸う本数を減らすところから始めてみてはいかがでしょうか。


⑤シャンプーで頭皮環境を整える

乱れてしまった頭皮環境を正常化してあげるために、

髪の毛のコーティングよりも頭皮へのダメージ緩和を重視したノンシリコンのシャンプーを使用して下さい。

まだ症状が出ていない人も、今生きている髪やこれから生えてくる髪の頭皮を健康に育成する事が最重要になります。

※洗髪習慣

1日にどれだけシャンプーをしますでしょうか?

1日2回朝と夜にシャンプーで髪を洗う人もいますが、良くありません。

頭皮から出る皮脂にはちゃんとした役割があります。

皮脂は、髪を守る働きがあります。

皮脂が多いからと言って、過剰に洗い流してしまうのは良くありません。

かといって全く洗わないのもいけないです。

昔の人はシャンプーなんて使用していません。

昔の人の写真を見れば分かるのですが、それでも、髪は黒々しく、太いです。

シャンプーの頻度や髪の洗い方や乾かし方などについても若ハゲの原因になる習慣があります。


              

http://blog.livedoor.jp/gardendesigner/archives/52472365.html