677e2dcf[1]
















8月13日は「お盆さん」ですね
私の地域では、月遅れお盆ですが、皆さん準備はいかがですか?
お墓参りを済ませた方や、今からという方もいるでしょうね
私も先日、お墓の草むしりに行ってきました
まあ草だらけ!
1時間くらい無心に抜いてましたよ
めっちゃ暑かったので、熱中症にならないように水分いっぱいとりました
お墓の前で倒れたりしたら、シャレにもならんですから・・・
掃除は弟夫婦に任せるので安心!

ご先祖様のお墓を奇麗にし、守るのは私らの役目ですから、しっかりしないとね


お盆の由来と期間
お盆の由来は目連尊者の故事に由来します

お釈迦様のお弟子に目連尊者という方がいました。
ある日、目連尊者は、亡くなったお母様が餓鬼の世界で生まれ変わり苦しんでいるのを知り、なんとか救おうとその母に食物を与えるのですが、救われませんでした。そこで、お釈迦様のお導きで、多くの衆僧を招いてご供養の大布施行を捧げたところ、お母様は餓鬼の苦しみから逃れることができたといいます。
その日が7月15日であったという故事から、この期間に、ご先祖の霊をわが家に迎えてご供養を捧げ、また、仏様の浄土に送り返す「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の行事が行われるようになったといわれます。
ただし、浄土真宗では、亡くなった後に極楽浄土へ往生したとされているので、霊が戻ってくるとは考えられていません。ですから、お盆の風習もありません。

お盆の時期

お盆は、東京などの関東の都市部では7月13日から16日ですが、日本の多くの地方では1ヶ月遅れの8月13日から16日となっています。これを「月おくれ盆」といいます。
月おくれ盆は、明治時代に新暦を採用するにあたってお盆が7月となった際に、農作業が最も忙しい時期と重なってしまい都合が悪かったために作られました。お盆を一ヶ月遅らせれば先祖の供養もゆっくりとできますから、特に地方では月おくれ盆となっているのです。
また、旧暦の7月13日から16日をお盆とする地域もあります。この場合は陰暦を用いますから、お盆の日付は毎年変わります。

お盆の準備

精霊棚

お盆のときに特別に作られる棚のことを盆棚、精霊棚、魂棚と呼びます。
仏壇をきれいにお掃除し、精霊棚を準備します。

  1. お仏壇の前に机を置き、机の上に真菰で編んだゴザを敷きます。
  2. 仏壇から位牌、香炉、燭台、花立、りんを机の上に移して置きます。
  3. 迎え団子を十三個、お皿に盛って供えます。
  4. 茄子と胡瓜で牛と馬を作って供えます。この動物にご先祖が乗ってくるということで作りますので、十三日には内側に向け、十六日にはまたご先祖が乗って帰るということから、外側に向けておきます。(牛と馬の足は「オガラ」という皮をはいだ麻の茎で作ります)
  5. お供え物は季節の野菜、果物、餅菓子などがよいでしょう。

お部屋のスペースに余裕が無い場合は、別に精霊棚を作らず、お仏壇の中に盆飾りやお供え物をしてもかまいません。
※上記の祀り方は一般的なものであり、地域によって異なる場合があります。


迎え火
1e9bbaaf[1] 十三日の夕方、家族そろってお墓参りをし、ご先祖の霊をお迎えに行きます。
本来、迎え火は墓前で焚き、その火を持って自宅までご先祖の霊を導くという意味がありましたが、現在ではほとんどの家が墓地と離れているため、門前でオガラを焚いて合掌し、お迎えします。
家では先祖の霊を迎えるために仏壇を清め、精霊棚を作り、そこに位牌を移します。さらに、季節の野菜や果物、水などを供えて提灯をともします。

送り火
5b95009b[1]
















十六日には送り火で祖霊をあの世に送ります。
この時、ご先祖の霊があの世へ無事に着くようにとの願いを込めて、門前でオガラを焚きます。火を焚けない場合はローソクを灯し、礼拝して送ります。
京都の夜を美しく彩る大文字焼きはこの送り火の名残であるとされています。

以前は、精霊棚の飾りやお供え物をまとめて真菰に包んだりして、近くの川や海に流す「精霊流し」の行事がありましたが、近年では川の汚染防止のために、地区ごとに一ヶ所に集めて処理するようになってしまったようです。
夏の風物である打ち上げ花火は、元来「精霊流し」の行事であったとされています。
棚経

お盆のときに盆棚・精霊棚や仏壇の前で特にお経を読んでいただくことを棚経といいます。
お礼として、お布施を用意します。遠方から来ていただいた場合は、「お車代」を別に包みます。目安はタクシーで往復できるくらいの額が適当とされています。
また、昼食時と重なった場合は昼食をお召し上がりいただくか、「お膳料」を包みます。

【知っておくといいかも】

お供え物の数は奇数

まず、お墓参りの際にお供えする物の数は奇数になるようにするという点が挙げられます。
つまり、食べ物やお花、お線香をお供えする際には偶数にならないように注意するということです。

お供えするものを奇数にするのは、仏教で奇数が縁起の良いものとされているためです。
だからこそ、逆に偶数の個数や本数でお供えすると縁起が良くなくなりますので気を付けましょう。       

お供えのお花の種類に気をつける

続いて、注意すべきお供えのお花の種類について解説します。

お花をお供えする際には、ほとんどの種類のものをお供えしても問題ありませんが、一方でお供えすること自体がタブーとされているものもあります。
それは、匂いの強いお花や棘があるお花、毒を持っているお花です。

お墓にお供えしたお花は、そのまま仏様の世界にも届くものとされているというのが理由で、そのため棘があったり、匂いが強かったりするようなお花をお供えすることは仏様やご先祖様に対して失礼とされています。

以上のように、仏様やご先祖様に対して失礼とされている種類のお花は、お供えの際は避けるようにしましょう。       

お供え物に掛紙をかける

お供え物には掛け紙をかけるというマナーもあります。
掛け紙をかける目的は、亡くなった方であるご先祖様や故人に対してお供えして供養するためです。

ただ、掛け紙であれば何でもよいというわけではなく、のしが描かれていないものを使うことが重要となります。
これは、お盆でのお供えはあくまでも慶事ではなく弔事ということになるためで、慶事に使われるのしを使うことは失礼にあたるためです。

なお、その際に用いる水引の色は黒白、黄白、双銀のものを用い(地域によって異なります)、表書きには「御供」と書くべきものとされています。       

お供えの食べ物は直に置かない

せっかく用意した食べ物ですが、そのまま直にお供えすべきではないとされています。
これは、お供えするものを直置きにして汚れたとあっては、仏様やご先祖様に対し失礼だからです。

そのため、半紙や懐紙を敷き、その上にお供えをするようにしましょう。       

お供えした食べ物やお花は持ち帰る

お墓参りの際にお供えした食べ物やお花などは、必ず持ち帰るようにしましょう。
これは、放置して帰った場合、カラスなどに食い散らかされて、墓地の敷地を汚したり、他家のお墓にも迷惑を及ぼすためです。

なお、持ち帰った食べ物もお花も仏壇などに再びお供えするのは、仏様やご先祖様からすれば一度受け取ったお供え物を再び受け取るということで好ましくないことです。

また、お供えした食べ物は、ご先祖様と分かち合うということで食べても問題はありません。       

お酒やタバコをお供えする際には注意が必要

お酒やタバコをお供えするのは特に問題はありませんが、注意が必要です。

まず1つとして、お酒を墓石にかけてはいけないということがあります。
というのは、お酒の中の成分が墓石を傷つけたり汚したりしてしまうためです。

また、故人の愛用していたブランドのタバコをお供えするのも大丈夫ですが、それはお線香の代わりに火をつけてお供えするというやり方と、箱のままお供えするやり方があります。

ただし、どちらの場合でもお墓参りが終わったら、放置しないで持ち帰りましょう
タバコは雨に濡れると、タールやニコチンの成分がしみだして墓石を汚してしまう可能性があるので、特に注意が必要です。

              

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デュアルフォース AR1752
価格:30240円(税込、送料別) (2019/8/1時点)