Fotolia_31364833_Subscription_Monthly_M-460x300[1]
















2,3日前にエアコンの掃除をやっと…しました~
この暑さでなかなか涼しくならないんですよ!
私の部屋は2Fなので、日中40℃もあるんです
この暑さを涼しくするには、きびしい~!
んなわけで、掃除をすれば少しはいいかな・・・とか思ったわけです

 
よくエアコンはつけっぱなしが良いとか聞きますが、果たして本当なのでしょうか⁉
ある実験では
日中9:00~18:00までの時間帯は、30分程度の外出であれば
エアコンを切るよりも「つけっぱなし」にする方が電気代が安くなりましたが
30分を超える外出の場合には、エアコンの運転をOFFにした方が消費電力量は小さくなるそうなんです
一方、設定温度に到達したら運転をOFFにし、10分程度の短い時間でまた運転をONにするというような運転をした場合には
エアコン起動時の消費電力が高くなる回数が多くなり
「つけっぱなし」の方が安くなると推察されます

※電力料金単価を27円/kWhとして計算

どんな場合でも「つけっぱなし」のほうがお得だと考えてしまうのは、間違いのようです
気温や時間帯によって「つけっぱなし」と「こまめに入り切り」を使い分けるのがOK!

0122_setuden[1]













上手なエアコンの運転方法


今回の実験から、外出する時刻や時間の長さを考慮せずに「つけっぱなし」にしていると、「こまめに入り切り」するより消費電力量は多くなってしまうことが明らかになりました

では、具体的にはどうやってエアコンを使用すればよいのでしょうか

1、日中は、35分までの外出であれば、エアコンを「つけっぱなし」の方が安い

2、夜は、18分までの外出であれば、エアコンを「つけっぱなし」の方が安い

これらを一つの目安として、例えば日中は30分程度の外出ならエアコンをつけっぱなしにし、夜間はこまめに停止させるといった調整を行うことで、お得に!

上記でご紹介したエアコンの運転方法以外にも、ご家庭で工夫することができるエアコンの電気代節約方法があります。今すぐできる簡単な方法なので、試してみましょう!

1)窓の断熱をしよう!

窓はガラス一枚で薄いため、夏は外の熱を取り込み、冬は室内の熱を逃してしまいます
断熱シートなどで窓を断熱すると、窓からの熱の出入りを防ぐことができるので、夏も冬もエアコンの電気代を無駄なく節約できます
窓の断熱方法
  • 窓用の断熱シートを貼る
  • 遮光・遮熱カーテンに掛け替える
  • 夏はサンシェードも効果的◎

2)エアコン暖房と扇風機・サーキュレーターを併用しよう

エアコンを運転するときは、扇風機やサーキュレーターを一緒に併用することで電気代を抑えることができます。
暖かい空気は上の方に、冷たい空気は下の方に溜まるので、扇風機やサーキュレーターで空気を循環すると、無駄に設定温度を上げ下げする必要がなくなり、電気代の節約につながるんです◎

エアコン冷房時、暖房時のエアコンの風向きと扇風機・サーキュレーターの風向きは以下のように設定しましょう。

<エアコン冷房時>
エアコンの風向き=水平に設定
サーキュレーター=天井に向けてまわす
<エアコン暖房時>
エアコンの風向き=下向きに設定
サーキュレーター=天井に向けてまわす

3)こまめにフィルター掃除をしよう!
air2.
エアコンのフィルターが詰まってしまうと性能が落ちてしまい、余計な電気代がかかるようになってしまいます。2週間に1度はフィルターのお手入れをしましょう。

4)室外機周りもチェックしましょう

室外機周りに物を置いてしまうと、エアコンの効率が落ちてしまいます。室外機周りも、草刈りなどをして風通しを良くしましょう。冬に雪が多い地域では、雪が室外機周りに積もってしまったり、室外機に雪が吸い込まれてしまい効率が落ちてしまわないよう、雪対策もしましょう(防雪フード・防雪ネットなども市販されています)。

その他の節約!




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クリスタルガイザー(500mL*48本入)【クリスタルガイザー(Crystal ...
価格:2160円(税込、送料無料) (2018/1/6時点)